【ImpressArt体験レポ】ハンドメイド作家 MANISHさん(第二回)

ハンドメイド作家のMANISHさんに、「ImpressArtのメタルスタンプ体験」をして頂いております。

第一回は、簡単なImpressArt、メタルスタンプのご紹介でした。

第二回では、実際にImpressArtで刻印をしたオリジナルのブレスレットの製作にチャレンジして頂きました。

 

オリジナルブレスレットを製作

こんにちは、DIY大好きハンドメイド作家をしているMANISHです。

今回は、ImpressArt の商品を使ってオリジナルブレスレットを製作していきながら、私なりに気づいた点や工夫してみた所、感想も加えてご紹介出来ればと思います。

公式サイトの「お役立ち情報」のページにも、HOW TOが乗っているので参考にしてみてください。

では、オリジナルブレスレットを製作していきます♪

まずは、

準備をする物

レタースタンプ(今回はJuniperというフォントの大文字を用意しました)
Ergo-Angleスタンピングハンマー
スチールブロック(小)
ペイントマーカー
スタンプガイドシール

 

予備で用意しておくと良かった物も参考にして下さい(100円ショップで購入出来ます)

〇水性ペン
〇ものさし(スタンピングブランクに目印をつける時に便利)
〇はんこマット(土台の下に敷いて置くと安定もし、叩く時の音も和らげてくれます)
〇マスキングテープ(目盛り付き)

 

今回はブレスレットを製作していくので、こちらの専用の道具を使用します。

ブレスレット作成用の専用ツールを二つ
ブレスレットベンディングバー
ブレスレット用プライヤー

 

土台にブランクを設置

今回は、初めてでも扱い易いアルミ素材のブレスレット用ブランクを使いました。

まず、刻印するデザインを綺麗に中央に仕上げるため、ものさしを使ってブランクの中心に水性ペンで目印を入れておきます

土台にブランクを置きスタンプガイドシールを使って固定していきます。

バランス良く綺麗に刻印するにはガイドシールのメモリとブランクの中心目印を合わせるのがポイント!

 

デザインを決める

次に、ブランクに刻印するスタンプのデザインを決めていきます。

もちろんデザインを決めてからブランクを選ぶのもいいです。

ここが1番悩みますが、楽しい時間でもあります♪

初心者さんは文字数を多くすると失敗しやすいので、最初は単調にするのがおススメですよ!

今回、私はショップ名「MANISH」を刻印してみようと思います。

刻印したいデザインが決まったら手元にスタンプを並べて準備しておきましょう。

初めてだと緊張してしまうので、ケースから出し入れするより準備しておけば失敗も防げます!

では、いよいよ刻印していきますが、ブランクの素材やスタンプのサイズによっては、叩く力や回数の調節が必要になるので、最初は、練習用に面積の広いブランクを用意して、何度か試し打ちをしてみて慣れてから本番を製作するのがオススメです!

私が練習で試してみた素材の感想を載せておきますので参考にしてみて下さい。

素材 素材の強度 叩く回数 仕上がりの感想
アルケメ 柔らかい(オススメ) 1〜2 適度な力で刻印も入れ易く、見た目も綺麗に仕上がるので1番オススメの素材
アルミ 柔らかい(初心者向き) 1 アルミは一番軽くて柔らかい素材なので、一度叩けば刻印が入り易い、強く叩き過ぎると変形します
真鍮 少し硬め 1〜3 素材が硬めなので、一度では刻印も入り難いので初めての方には難しめです。練習が必要
少し硬め 1〜3 真鍮よりは硬くないとは思いますがこちらも難しめです。練習しておくといいです

 

刻印する

ブランクに刻印していきます。

スタンプは絵柄がある方を手前に向けて、スタンプがブランクと垂直になるようにあてていきます。

文字数のバランスを見ながらガイドシールのメモリを確認し、ガイドシールに当たる所までスタンプを手前に滑らせ

スタンプが止まった所で、指でしっかり固定し、上部をハンマーで叩きます。

叩く力を入れ過ぎるとデザインがズレたり変形したりするのでご注意を!!

土台の下に、はんこシートを敷いて叩くと、少し騒音を和らげてくれるので参考までに。

全ての文字を刻印し終わったら、ガイドシールを剥がして下さい。

いい感じに刻印出来ました♪

刻印の仕上げ

ブランクに刻印を出来たら、その文字や模様をはっきりと目立たせる為に、スタンプマーカーを使って仕上げていきます。

左から、ブラック、シルバー、ブラウン、ゴールド。

ペイントマーカーも色々とカラーがあるので、その時の気分で変えてみるのもいいですよ♪ 今回は1番人気のブラックカラーを使用。

エナメルマーカーで、刻印した部分をしっかり塗りつぶしてから、

そのまま1分ほど放置して置きます。

その後、素早くティッシュで余分なインクを拭き取ります。

 

そうすると、刻印した部分にインクが入り文字や模様がはっきりするんです!

但し、刻印がしっかり出来てなかったり、ブランクの素材によってはインクが入り難いので、何度かマーカーを塗り直してみて下さい。

 

ブレスレットへの形成

最後の工程は、刻印出来たブランクをブレスレット用の専用バーを使って、ブレスレットに形成していきます。

バーにブランクを差し込んで、抜けないように指で固定し、90度になるまでゆっくり曲げる。

左右この作業を行なって下さい。

左右同じように曲げていけば、ほら! ブレスレットの形になるんです!

最後に、ブレスレットの丸みを整えるプライヤーを使って、細かくプレスしていきながら全体が滑らかになるまで仕上げていきます。

綺麗な円に整ったら、完成です♩

オリジナルブレスレットが出来ました♪

慣れてくると真鍮素材やフォント多めにした本格的なオシャレブレスレットが出来ます♪

他には、ハート型の真鍮ブランクに年号とダイヤのスタンプを刻印して、ゴールドのエナメルマーカーで仕上げ、ペンダントトップを作ってみました。

シンプルだけど大人可愛い、存在感のある作品が出来ました♪

今回は、少し長編になりましたが、最後までご覧頂きありがとうございました。

次回のレビューでは、色々刻印した作品を使った、アレンジ集をご紹介していきますのでお楽しみに♪

Profile
MANISH
広島県福山市でビーズ作家として活動、地元福山ブランド【MIYUKIビーズ】を使ったアクセサリーを中心に製作、大人カッコ可愛いをコンセプトに、一度見たら忘れられない個性的なアクセサリーが人気です。昔から物作りが得意だった事もあり、DIYの分野でも自身のインテリアを専門雑誌に掲載して頂く事もあります。

【ImpressArt体験レポ】ハンドメイド作家 MANISHさん(第一回)

ニューヨーク発のDIYメタルスタンプブランド、ImpressArt®日本公式サイトがオープンしました!

日本ではまだ新しいDIYなので、メタルスタンプって何? 簡単なの?と思われる読者の方も多いと思います。そこで今回は、ハンドメイド作家のMANISHさんにお願いをして、実際にImpressArtのメタルスタンプを体験していただきました。

 

こんにちは、DIY大好きハンドメイド作家をしているMANISHです。

この度、ご縁がありimpress Art 様の商品をレビューをさせて頂く事になりました。ハンドメイド作家なりの目線で、楽しく・解りやすい情報を発信していければと思っていますのでどうぞ宜しくお願い致します。

今回のレビューは、impress Art 商品について、ざっくりとご紹介させて頂ます。

 

impress Art とは?

アメリカで、ホームセンターやクラフトショップなどで、幅広く販売されている、ポピュラーなDIY道具だそうです。

「メタルスタンピング」という技法を用いて、初めてでも本格的なオリジナル刻印アクセサリーが作れます。

日本では、専門職の方が知ってて扱かう位で、一般的にはまだ余り詳しくは知られてないと思います。

メタルスタンピングとは? impress Art の商品をどう使うのか?

メタルスタンピングとは、金属製のプレートに専用の機械で文字や模様を刻印していく技術のようで、そんな大変そうな技術が、impress Art の商品を使えば、専門的な知識も技術も無くてもハンドメイド感覚で初心者でも直ぐに、本格的なオリジナルの刻印アクセサリーが作れるんです!

しかも、ImpressArt の日本公式サイトでは、道具と材料が全て揃います。

使い方も製作工程もわかりやすくレクチャーされているので、道具が揃ったら、お好きなプレートに、選んだスタンプをハンマーで叩くだけ、とても簡単です♪

impress Art 商品をオススメしたいポイントは?

今現在、日本のホームセンターで見かける工業的なフォントではなく、ImpressArt にしかない、可愛くて、オシャレなスタンプが沢山あるのが魅力な所です。

文字のフォント・デザインスタンプの種類が豊富♪

プレート(スタンピングブランク)の素材も色々あって、デザインもシンプルな物から可愛い物まで揃ってます。

それに専門的な道具ってどうしても重い・暗いってイメージじゃないですか?

でも、ImpressArt の商品は男性はもちろんの事、女性からお子さんまで、使いやすいコンパクトサイズなのがgood♪

場所も取らず、持ち運びも楽なので、DIY好きさんならアウトドア好きな方も多いはず、記念に仲間とワイワイお外でDIYなんて楽しいかもですね♪

後、何といってもPOPなカラーデザインが圧迫感がなくていいと思いました。

道具を使わない時は、棚に並べて置いとくだけでも、めちゃくちゃオシャレに見えるので、色々揃えたくなっちゃっいます♪

気になる点はあるの?

気になる点としては、ハンマーを使って金属を叩く作業なので、どうしても音が出ます。

音がでても、近所迷惑にならない環境で、必ず作業を行なって下さい!

どうでしたか? ざっくりとご紹介させて頂きましが、 ImpressArt 商品を使ってみたくなりませんか?

次回のレビューは、実際にImpressArtの商品を使って刻印アクセサリーを作る工程を詳しく載せていくので是非ご覧下さい。

Profile
MANISH
広島県福山市でビーズ作家として活動、地元福山ブランド【MIYUKIビーズ】を使ったアクセサリーを中心に製作、大人カッコ可愛いをコンセプトに、一度見たら忘れられない個性的なアクセサリーが人気です。昔から物作りが得意だった事もあり、DIYの分野でも自身のインテリアを専門雑誌に掲載して頂く事もあります。