【商品紹介】初めてのレタースタンプにおすすめ! コンパクトサイズの「エコノミーレタースタンプ」

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

レタースタンプには、小くて収納しやすく、持ち運びにも便利な
コンパクトサイズの「エコノミースタンプ」があります。

インプレスアートを始めてみたいけど、
どのフォントを買うか悩んでいる方はもちろん、
「数字」や「句読点」などのスタンプを買い足したい方にも
おすすめのスタンプです◎

今回はエコノミースタンプについて、詳しくご紹介していきたいと思います!


1.スタンダードで使いやすい! 幅広く使える2種類のフォント
2.初めての刻印にぴったり! 初心者の方にオススメする2つの理由 
3.歌詞のような長文も刻印できる! 1.5mmのスタンプを使った作品をご紹介


 

1.スタンダードで使いやすい! 幅広く使える2種類のフォント

エコノミースタンプは、アルファベットの「大文字」と「小文字」、
そして「数字」の3種類を展開しています。

アルファベットはAからZまで全種と、「&」がセットになっていて、
数字は0~8までがセットになっています。
(「9」は「6」を逆さにして使用します。)

フォントは、「SansSerif」と「Bridgette」の2種類です。

〈1〉SansSerif



飾り気がなく、使いやすいフォントです。

サイズは、1.5mmと3mmの2種類あり、
1.5mmはレタースタンプの中で、最も小さいサイズです。

そして、SansSerifのみ「句読点」のセットがあります。

シンプルなフォントは汎用性が高く、ひとつあれば重宝しますよ◎

〈2〉Bridgette



鮮明で読みやすく、手書きのような風合いが特徴のフォントで、
サイズは3mmのみです。

ちなみにBridgetteは、「シグネチャースタンプ」でも展開しています。

アルファベットと一緒に、大文字にはデザインスタンプ、
小文字には句読点がセットになっています。
(詳しくは商品ページをご覧ください。)

丸くて柔らかさのあるフォントを使えば、
作品がソフトな印象に仕上がりますよ◎

 

2.初めての刻印にぴったり! 初心者の方にオススメする2つの理由

エコノミースタンプは、特に「初心者」の方にオススメなのですが、
その理由は2つあります。

①コンパクトで収納しやすい
「スタンダードスタンプ」や「シグネチャースタンプ」の
ケースと比べると、大きさは約半分程とかなりコンパクト!


(左:エコノミー 右:スタンダート)

収納がしやすいだけでなく、持ち運びにも便利なサイズです◎

②お買い求めやすい価格
ケースがコンパクトになっていたり、
スタンプ側面の文字や模様の表記が省略されている分
お買い求めやすいお値段になっています。

「インプレスアートに挑戦してみたい!」という方は、
エコノミースタンプで最初に試してみるのも良いですね。

このスタンプを使って刻印する前に、
少し工夫をしておけば、作業効率が格段にアップしますよ!

文字や模様がすぐに分かるよう、
あらかじめシールやマスキングテープを使って
オリジナルの表記を作っておくことで、
文字の選び間違いが起きにくくなります。

例えば「b」と「d」、「p」と「q」、「O」と「Q」など
似ているものが多く、特に1.5mmは文字が小さくて分かりにくいので、
最初に準備しておけば、スムーズに作業ができますよ!

また、文字の「向き」も間違えやすいので、
【シールを自分の正面にむけることで、正しい位置で刻印ができる】
といったように貼る位置を決めておくと良いですね◎

 

3.歌詞のような長文も刻印できる! 1.5mmのスタンプを使った作品をご紹介

初心者の方は、大きくて刻印しやすい
3mmのスタンプがおススメですが、
刻印が慣れてきた方には、「SansSerif」の
1.5mmに挑戦してみるのもアリかも?

少し練習が必要かもしれませんが、
小さな文字をたくさんキレイに刻印できるようになれば、
作品の完成度がグッと高くなりますよ!

今回は、スタンプ部が1.5mmのスタンプを使って
いろんなブランクに刻印してみたので、ぜひ参考にしてみて下さい◎

こちらは約2.2cm幅の「楕円」のブランクに、
文章を4段に分けて刻印してみました。

刻印した文字は、
「there is always light behind the clouds」
(雲の向こうは、いつも青空)
シンプルで素敵な言葉ですよね!

他のフォントだと、刻印できない文字数ですが、
小さいフォントを使えば、こんなこともできちゃいます◎

ちなみに、アルミやスズなどの柔らかい素材に
刻印するときは力加減に注意が必要です。
力が強すぎると、文字が潰れてしまう可能性があるのでご注意を!

お気に入りの歌詞をブレスレットに刻印するのも◎
約1cm幅のブレスレットには、文章を2段刻印できました。
歌詞を刻印するときに「句読点」も使えば、作品の幅がより広がりますよ!

最後は、こちらのピアス。

タグ」に「mon」と「ami」という単語を
2段に分けて刻印しました。

以前にも紹介しましたが、「mon・ami」は、
フランス語で彼氏・彼女を意味する言葉で、
可愛いくてお気に入りです。
珍しくアシンメトリーのデザインにしてみました◎

自分のブランドを持っている方は、
ブランクを「ブランドタグ」として
使うのも面白いかも?

パーツの一部にすれば、ハンドメイド作品が
よりオリジナルになりますね◎

いかがでしたか?

初心者の方にはもちろん、刻印になれてきた方にも
オススメのスタンプです。
自分のレベルにあったサイズやフォントを選んで、
刻印を楽しんでくださいね!

商品ページもぜひご覧ください◎

【商品紹介】いろんなコーディネートに合わせやすい! ひとつは持っていたい真鍮ブランク×パールのアクセサリー

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

突然ですが、皆さん「パール」は好きですか?
噂によると、去年からパールが巷で流行しているんだとか……!

パールを使ったアクセサリーは
いろんなコーディネートと合わせやすいので
ひとつあれば便利ですよね。

そんなパールと「ブランク」を組み合わせて、
アクセサリー作りを楽しんでみませんか?

特におすすめなのが、「真鍮×パール」の組み合わせ。
アンティークな風合いの真鍮と、パールの柔らかい光沢が
顔回りを優しく見せてくれて、どんなコーディネートにも
あわせやすいのでひとつあると便利ですよ◎

今回は「真鍮」のブランクと、「パール」を組み合わせた
アクセサリーをご紹介していきたいと思います!


1.ブランクにテクスチャーをつけたり、穴をあけられる! 魅力的な工具をご紹介!
2.「強く・いろんな角度から」がポイント◎ 真鍮への刻印方法のコツ
3.シンプルなものから、ユニークなものまで! 真鍮×パールのアイディア集


 

1.ブランクにテクスチャーをつけたり、穴をあけられる! 魅力的な工具をご紹介!

「インプレスアート」と聞くと、
好きな文字や絵柄の刻印ができるという印象を
お持ちの方がと多いと思います。

好きなフォントや絵柄、ブランク選んで
オリジナルのネームタグや、
ブレスレットを作ることができるのが
インプレスアートの魅力ですよね。

そして、意外と知られていないのが、
「工具が豊富」ということです!

例えば、「マルチファンクションハンマーキット」を使えば、
ブランクに簡単にテクスチャーを作ることができますよ!

3種類のテクスチャーをつけられるヘッドと、
形を整えるナイロンヘッド、そしてハンマーがセットになっています。
ハンマーにお好みのヘッドを差し込んで打つだけで、
平らなブランクにはない、味のあるブランクに仕上がります◎

使い方は以前のメタルスタンプの読みものでご紹介しているので、
よろしければこちらもご覧ください!
【商品紹介】仕上がりに差をつけよう! 表面加工シリーズ

他にも「2ホール穴開けパンチ」という、
ブランクに穴をあけることができる便利な工具もあります。

穴のサイズは、約1.5mmと2.5mmの2種類あるので、
用途によって変えることができるのも良いですよね。
好きなところに穴あけができるので、紐を通したり、
チャームやビーズをつけて、作品に差をつけちゃいましょう!

こちらも以前のメタルスタンプの読みもので
ご紹介しているので、よろしければご覧ください!
【商品紹介】好きなところに穴あけ! 2ホール穴あけパンチ

 

2.「強く・いろんな角度から」がポイント◎ 真鍮への刻印方法のコツ

真鍮はインプレスアートで取り扱っている素材の中でも、
銅と並んで硬さがあるので、刻印の難易度が高く、
文字や模様を刻印するときは、
少しコツがいるので、これからご紹介したいと思います。

はじめに、刻印するときに必要なものはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)

ブランクを、スタンプ台の上に置きます。
刻印したい位置にスタンプを置いて、
真上からハンマーで叩きます。

真鍮は硬いので、叩く力が弱いと全体的に
刻印が薄くぼんやりしてしまうことがあります。
少し強めの力で真上からしっかりと叩きましょう。

心配な方は、スタンプを上下左右に少し傾けて叩けば、
全体的にしっかりと刻印することができます。

ちなみに、テクスチャーをつけたブランクに文字を刻印する場合は、
先にテクスチャーを付け、その後に文字の刻印をすると良いですよ◎
(反対だと、文字が崩れてしまうことがあるのでご注意を!)

3.シンプルなものから、ユニークなものまで! 真鍮×パールのアイディア集

柔らかな質感のパールとブランクを組み合わせたアクセサリーは、
顔回りを品良く見せてくれるだけでなく、
あらゆるコーディネートと馴染みやすいので、
ひとつ持っておくと重宝しますよ!

また、「真鍮」は、使い込むうちに古調の風合いが生まれるので、
まるでヴィンテージアクセサリーのような雰囲気も楽しめるのも
良いですよね◎

それでは、スタンプ部が作った「真鍮×パール」のアクセサリーを
4つご紹介したいと思います!

<ピアス>

文字を刻印せず、表面にテクスチャーをつけたブランクと、
パールを組み合わせたシンプルなピアスです。

ブランクは、「マルチファンクションハンマーキット」の
「チェイシングヘッド」で表情を作り、
マット仕上げ用研磨ブロック」を使って光沢をおさえ、
優しい風合いに仕上げました。

パールは方穴のものを使い、お椀の中央に芯付がついたピアス台に
接着剤をつけて固定するだけなのでとても簡単◎

そして、ブランクの穴にピアスの針部分を差し込めば完成です!

こちらは、少し前に「模様を作るデザインスタンプ」で
ご紹介した「斜め線」のスタンプを使用して、ブランクに模様をつけました。
ブランクの穴部分を隠すため&アクセントとして
小さい楕円の淡水パールを貼り付けました。

どちらもテクスチャーをつけただけのシンプルな作りですが、
しっかりと存在感のあるピアスに仕上がりました。

文字よりも刻印が簡単で、失敗しても分かりにくいのも
おすすめポイントです。

<ネックレス>

パール2種類・ビーズとブランクを組み合わせ、
ネックレスに仕上げました◎
ブランクは「タグ」を使い、「LOVE」の
デザインスタンプを中央に刻印しました。

白色だけだとぼんやりしてしまいますが、
真鍮のアンティークゴールドの色味が
あることでぼんやりしすぎず、
引き締まった印象になりますよ!

このタイプのネックレスは、タートルネックや
黒やネイビーのようなトーンの暗いお洋服と相性抜群です◎

シンプルで使いやすいものから、
少し華やかなものまで様々ご紹介しましたが、
いかがでしたか?

ギフトとしても喜ばれること間違いなしなので、
ぜひお試しください。

【検証企画】スタンプガイド「あり」「なし」でどのくらい違う? 実際に試してみました!

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

昨年末のメタルスタンプの読みもので、
スタンプ部のおすすめ商品を3種類ご紹介しましたが、
いかがでしたか?

今回は、その中から「スタンプガイド」を
より深掘りしてみようと思います!

ガイドを使うだけで、どれくらい刻印がキレイになるのか
気になった方もいるのでは?

そこで、ガイド「あり」「なし」で
仕上がりにどのくらい差がでるのか検証してみました◎

それではさっそくご紹介していきたいと思います!

 


1.まっすぐ等間隔に刻印できる! ガイドを使って刻印してみよう
2.複雑な模様も思い通りの位置に! 透明のパターングリッド


 

1.まっすぐ等間隔に刻印できる! ガイドを使って刻印してみよう

「スタンプガイド」の使い方は、
以前のメタルスタンプの読みものでもご紹介しているので、
よろしければこちらも合わせてご覧ください◎
▶︎【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

私は、作品を作るときになるべく
スタンプガイドを使用するようにしています。

目見当だけでは刻印が難しいものもガイドを使うことによって、
文字の位置と間隔を簡単に揃えることができるので、
キレイに仕上げることができる、というのが大きな理由です◎

それでは、ガイドの有無でどれくらい作品に差が出るのか、
早速検証していきたいと思います!

まずはじめに、道具の準備から!
刻印するときに必要なものはこちら

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)

まずは、「ブレスレット」を使用して、
ガイドの有無で刻印がどのように変わるのか
検証していきたいと思います。

まずは、「ガイドなし」で刻印します。

ブレスレットをスタンプ台の上に置いて、
動かないよう「スタンプストレートテープ」で
しっかりと固定してから刻印していきます。

文字の位置を目検討だけで合わせるのは、
なかなか至難の技でした……

完成したものがこちら。

文字の位置や間隔が揃わず、バラつきが出てしまいました。

次に、「ガイドあり」で刻印していきます。

ブレスレットにガイドを貼り付けたあと、
先程と同様にスタンプ台の上に置いて、
テープでしっかりと固定してから刻印していきます。

「ブランクとガイドの境目」部分で刻印すれば、
文字がキレイにまっすぐになりますよ!
(こちらの動画も参考にしてみてください。)

少し個人的な感想にはなってしまいますが、
ガイドを使用するときは、フォントによって
刻印する間隔を変えるのがおすすめです。

例えば、「Stargazer」のような小さい文字は、
〈1マス〉ずつ刻印しても隣の文字と重ならず、
十分に間隔をとることができます。

「Juniper」や「Bridget」のような3mm以上のフォントは、
〈1マス〉だと隣の文字と重なってしまうことがあるので、
〈1マス+半分〉がバランスが良いです。

これはあくまでも私の目安なので、
ある程度自分の中で予め<間隔のルール>を決めて
刻印すると良いですよ!

今回は「Juniper」を使用したので、
<1マス+半分>で文字を刻印していきます。

ちなみに、「g」「p」「q」「y」のような、
まっすぐのベースラインからはみ出ているアルファベットは、
ガイドに少しかぶせて刻印するとバランスが良くなります。

完成したものがこちら

ガイドなしのものと、ガイドありのものを
ペイントマーカー」で色をつけて比べてみました。

上が「ガイドなし」、下が「ガイドあり」です。
比べて見ると、差がよく分かりますね。

ガイドを使ったものは、文字がキレイにまっすぐになり、
間隔も均等にすることができました◎

 

2.複雑な模様も思い通りの位置に! 透明のパターングリッド

今度は刻印が難しい「マンダラパック」を使って
ガイドの有無で仕上がりにどれくらいの差がでるか
検証してみたいと思います!

まずは「ガイドなし」で刻印したものをご覧いただこうと思います。

ガイドなしと言えど、スタンプ部として活動して約1年。
日々重ねた鍛錬、磨き続けた「匠の技」を
お披露目したいと思います。

ガイドなしで刻印したものがこちら!

シンプルに無理でした。

「ここだ!」 と思った位置に刻印しても、模様が細かいので
なかなか思った通りにはいかず……
バランスをとるために中心の模様から刻印しましたが、
最初の位置がズレてしまったので、
必然的に他の模様もズレてバランスが悪くなってしまいました。

気持ちを切り替えて、次は「ガイドあり」で刻印してみましょう。
使用するのは、「パターングリット」!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタンプガイドには
・ストレートガイド
・サークルガイド
・パターングリッドの
3種類がセットになっています。
(詳しくは商品ページをご覧ください)

「パターングリッド」は透明のシールになっているので、
ブランクに貼りつけて、その上から直接刻印して使用します。

ブランクとガイドの接着面には、
空気が入らないよう気をつけましょう!

グリッド線があるので、刻印する位置が
分かりやすくて良いですね◎

はじめに中心を刻印して、その後外側に向かって刻印すると
バランスがとりやすいですよ!

ちなみに、マンダラパックの模様は、
向きが正面ではないものもあるので、
刻印する前にしっかり確認しておくのがベストです。

完成したものがこちら。

もう比べる必要もないですが、
どれくらい仕上がりに差がでたか確認してみましょう。

左がガイドあり、右がなしです。
ガイドを使えば、複雑な模様も
思い通りの位置に刻印できました◎

いかがでしたか?
ガイドの有無だけで仕上がりに大きく差がでたように思います。
初心者の方の練習用としてもちろん、
刻印をもっとキレイにしたい! という方にもおすすめです。

ぜひ便利なガイドを使ってみてくださいね◎

 

【新商品】キャッチーなものやユニークなものなど様々! アクセントにぴったりの「動物」のデザインスタンプ

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

昨年のメタルスタンプの読みもので
新商品の「テクスチャーをつけることができるデザインスタンプ」を
ご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回は同時期に入荷した「動物」の
デザインスタンプをピックアップしてみました◎

大人にも子どもにも人気のあるものから、
「こんな動物まで?」という
少しユニークなものまで種類も様々!

それでは早速ご紹介したいと思います!

 


1.キャッチーなものからユニークなものまで! 6種類の動物デザインスタンプ

2.ブランク選びと力加減に気をつけよう! 刻印方法とコツをご紹介

3.アクセントはもちろん主役にも◎ おすすめアイディア集


 

1.キャッチーなものからユニークなものまで! 6種類の動物デザインスタンプ

今回新しく入荷した動物のデザインスタンプは6種類で
サイズは全て6mmです。

それでは早速ご紹介していきたいと思います!

1.

「ビーグル」のようなたれ耳が特徴の犬のスタンプです。
ペットタグを作るときに、名前と一緒に刻印すれば、
よりキュートな作品に仕上がりますね!

2.

ぷっくりとしたほっぺが特徴の猫のスタンプです。
犬と同じように馴染み深いモチーフは、
作品作りのときに幅広く活躍してくれそうです◎

3.キツネ

あるようで意外と無かった! 少し珍しいキツネのスタンプです。
ワンポイントで使いやすく、
大人はもちろん子供にも人気がありそうですね◎

4.ハリネズミ

ペットとしても人気があるハリネズミのスタンプです。
少し個性的な絵柄なので、小さいブランクに刻印して
主役として使うのも面白いかも?

5.サイ

こちらも少し変わり種の、サイのスタンプです。
まるで絵本のイラストのようなコロンとしたフォルムは、
いろんな文字との相性も抜群です!

6.

今までの可愛らしい雰囲気とは違った、
リアルで躍動感のある馬のスタンプです。
作品がスタイリッシュな印象になりそうですね!

 

2.ブランク選びと力加減に気をつけよう! 刻印方法とコツをご紹介

デザインスタンプは、レタースタンプよりもサイズが大きいものが多いため、
刻印するときは、事前にブランクのサイズと、
文字や絵柄の配置など確認をしておきましょう!

刻印するときに必要なものはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)

ブランクはタグの「丸型」、スタンプは「キツネ」を使用します。

それでは早速刻印していきましょう!

ブランクをスタンプ台の上に置き、
スタンプを刻印したい位置でしっかりと押さえ、
真上からハンマーで叩きます。

絵柄が大きい場合、ハンマーでしっかり打てていないと、
刻印がかすれてしまうことがあります。

はじめに真上からしっかり刻印したあと、
前後左右にスタンプを少し傾けて
軽く2回ほど刻印するとキレイに刻印ができます。

また、素材によって刻印する力加減を変えるのも重要なポイントです。

特に「真鍮」などの硬い素材は、
強めの力で打つとくっきりと刻印ができますよ!
(ブランクの素材については、こちらをご覧ください。)

全体的にキレイに刻印ができました。
お好みの「ペイントマーカー」で色をつければ完成です!


そのままでも可愛いですが、
ペイントマーカーを使うことで、
絵柄がはっきりみえるようになりますよ◎

 

3.アクセントはもちろん主役にも◎ おすすめアイディア集

動物のモチーフは、文字と組み合わせるのはもちろん
単品で「主役」として使っても
見応えのある作品ができますよ!

これから、おすすめのアイデアを
3つご紹介したいと思います!

1.ペットタグ

The「王道」! なんですが、
隙間にちょこっと刻印するだけで
とても可愛いく仕上がりますよ◎

人気の「ドッグボーン」はもちろん、
「Artisan」シリーズの「フラワー」を使えば、
刻印するだけで完成度の高い作品に仕上がります!

2.チャーム

キーチャームやアクセサリーの
ワンポイントとして使えば、
可愛く仕上がります!

キャッチーな動物が刻印されたチャームは、
「これどこで買ったの?」と注目度がアップするかも?

3.ブレスレット

馬のデザインスタンプを
生地のパターンのように刻印してみました。
絵柄だけ刻印しても、見応えのある作品に仕上がりますね◎

いかがでしたか?

動物の絵柄は、文字と一緒に刻印して
アクセントにするのはもちろん
小さいブランクにひとつ刻印すれば
シンプルだけど味のある作品に仕上がりますよ◎

ぜひお試しください◎

 

 

【記事紹介】使ってみて欲しい! スタンプ部のオススメ商品をご紹介!

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

気付けばもう年末! 1年が過ぎるのがとても早く感じますね。

実は、スタンプ部が活動し始めてもうすぐ1年!
インプレスアートの魅力をお伝えするために
メタルスタンプの読みものでは、様々な商品や
作品などご紹介してきましたが、いかがでしたか?

今回は、1年の締めくくりということで、
スタンプ部が今年1年で、「実際に使ってよかった!」
という商品を3つ選んでみました。

それでは早速ご紹介したいと思います!


1.キレイな刻印で仕上がりに差をつけよう! スタンプガイド

2.好きな位置に穴あけできる! 2ホール穴あけパンチ

3.WEB販売限定! 高級感のあるブレスレットブランク



1.キレイな刻印で仕上がりに差をつけよう! スタンプガイド

「文字をまっすぐになるよう刻印したい!」
「均等に文字を刻印したい!」

そんなお悩みを解決してくれるのが、「スタンプガイド」!

文字や模様を刻印するときに役立つガイド用シールで、
ブランクに貼るだけで、目見当だと難しい文字や絵柄の位置や間隔を
簡単に揃えることができます。
文字や絵柄がキレイに刻印できるので、
初心者の方はもちろん、完成度を高くしたい方にもオススメです!

ガイドはまっすぐ文字を打つための「ストレートガイド」、
思い通りに模様が刻印できる「パターングリッド」、
そして円を描くように文字が刻印できる「サークルガイド」の
3種類がセットになっています。

また、ブレスレットに長めの文章や歌詞を刻印したいときは、
別売りの「ブレスレットガイド」もありますよ!

特にブレスレットは貼るのと貼らないのでは、仕上がりが断然違います!
(ブレスレットに文字を綺麗に刻印できると、とてもテンションがあがります)

消耗品で、使い捨てにはなってしまいますが、
作品のクオリティをあげるために、ぜひ使って頂きたい商品です。

商品の詳細や使い方はこちらをご覧ください!
▶【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

2.好きな位置に穴あけできる! 2ホール穴あけパンチ

2ホール穴あけパンチ」は、ブランクの穴あけ専用の工具で、
直径約1.5mmと約2.5mmの2サイズの穴あけが可能です。

(シルバーのハンドルは直径約1.5mm、黒いハンドルは直径約2.5mmです。)

小さい穴には丸カンやピンなどの金具、
大きい穴には紐も直接通せるので、
用途によって使い分けることができるのも◎

ブランクの穴を開けたい位置にねじの先端を当てて、
回すだけで簡単にブランクに穴あけができます!

ブランクだけでなく、手芸店などで販売されている
メタルパーツにも穴あけできるかも?

メタルパーツって「ここに穴が開いていたら良いのに……」
って思うことありませんか?
2ホール穴あけパンチがあれば、好きな部分に穴あけができるので、
作品の幅を広げたい方にオススメです!

商品の詳細や使い方はこちらをご覧ください!
▶【商品紹介】好きなところに穴あけ! 2ホール穴あけパンチ

3.WEB販売限定! 高級感のあるブレスレットブランク

こちらは、WEB販売限定の高級なメッキを施した
特別なブレスレットブランクです!

メッキの種類は
「18Kゴールド」
「18Kローズゴールド」
「999シルバー(純銀)」の3種類です。

表面は、光沢を抑えた優しい質感の「ツヤ消し」と
輝きが美しい「ツヤあり」の2種類からお選びいただけます。

(左がツヤ消し、右がツヤあり)

ブレスレットの幅は、約6mmと約10mmの2種類あり、
長さはどちらの幅も150mmです。

(左が約6mm、右が約10mm)

文字をメインに刻印する場合は6mm、
デザインスタンプを刻印する場合は、10mmがオススメです。

デザインスタンプはサイズが6mmと少し大きいものが多く、
6mmのブレスレットだと刻印がはみ出てしまうことがあるので、
あらかじめサイズなど確認しておくと良いですよ!

ブレスレットの左端には、ハートの抜き加工がされていて
小さくてチラリと見えるハートがアクセントになっています。

そのまま見せるのはもちろん、
チャームやタッセルなどをつけて
アレンジも楽しむのもオススメです!

特別なブレスレットは、自分用にはもちろん、
メッセージを刻印して、思いを伝えるギフトにするのもぴったりです◎

商品の詳細や使い方はこちらをご覧ください!
▶【WEB販売限定】ずっと大切に使いたい。遊び心も兼ね備えた高級感のある「ブレスレットブランク」

いかがでしたか?
他にもこちらでご紹介したい商品はたくさんあるのですが、
これまでに「メタルスタンプの読みもの」でも、
様々な商品をご紹介しているので、
よろしければぜひご覧下さいね!

それでは皆さま良いお年を◎

 

【新商品】ブランクに線模様のテクスチャーをつけられる! 4つのデザインスタンプ

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

先日新しいデザインスタンプが18種類入荷しました!
単語のような使いやすいものから、キャッチーな動物モチーフなど
見ているだけでワクワクするようなスタンプがたくさん!

その中で今回は、ブランクに模様を刻印できる
線模様のデザインスタンプを4種類ご紹介したいと思います!

 


1.ブランクにテクスチャーをつけられる! 線模様が特徴のデザインスタンプ

2.2種類のハンマーを使って実際に刻印してみよう!

3.模様をつけるだけで味のあるブランクに! スタンプを使ったアクセサリーたち


 

1.ブランクにテクスチャーをつけられる! 線模様が特徴のデザインスタンプ

模様を刻印できるスタンプは、
先ほどもチラリとご紹介しましたが、全部で4種類!
サイズはすべて6mmと少し大き目です。

4つのスタンプの絵柄がこちら。

<1>網目模様テクスチャースタンプ

<2>縦線

<3>斜め線

<4>縦線テクスチャースタンプ(破線)

どれもシンプルな線模様が特徴のスタンプです。
4つのスタンプを使って模様をつけたブランクがこちら。

左から、網目模様、縦線、斜め線、縦線(破線)です。

一見シンプルに見えますが、
生地の絵柄のようにリピートして刻印することによって
つるんとしたブランクにはない面白さが生まれます。

少し刻印する場所がズレても目立ちにくいので、
文字よりもラフな気持ちで刻印できるのも◎

 

2.2種類のハンマーを使って実際に刻印してみよう!

それでは実際に刻印していきましょう!
刻印するときに必要な工具はこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)

すでに「マルチファンクションハンマーキット」をお持ちの方は、
付属の「マルチファンクションハンマー」の先端にスタンプをつけて
刻印すれば、簡単に模様をつけることができますよ!

マルチファンクションハンマーの使い方は、
以前のメタルスタンプの読みものでもご紹介しているので、
よろしければそちらもご覧ください!
▶【商品紹介】仕上がりに差をつけよう! 表面加工シリーズ

せっかくなので文字などを刻印するときに使う「ハンマー」と、
テクスチャ―をつけるときに使う「マルチファンクションハンマー」の
2種類のハンマーを使って刻印してみたいと思います!

使用するブランクは、「プレート(19mm)」、
デザインスタンプは、「縦線(破線)」を使用します。

まずは、「ハンマー」から試したいと思います。
ブランクをスタンプ台の上に置き、
スタンプを刻印したい位置でしっかりと押さえ、
真上をハンマーで叩いて模様をつくります。


ひとつ模様が刻印できました。
この作業を繰り返して、ブランク全体に模様を作ります。

絵柄のサイズが「6mm」と少し大きいので、
真上からしっかり打てていなかったり、力が弱すぎると
模様が部分的にしか刻印できず、薄くなってしまう可能性があります。

特に「真鍮」や「銅」といった固い素材に刻印するときは、
力を強めに叩くと模様がくっきり刻印できます。
(ブランクの素材については、こちらをご覧ください。)

全体的に刻印することを意識して、
力の弱い方は2、3回追加して叩いてみてください!

そして、模様を刻印したものがこちら。

ブランクに模様をいれるだけで、
雰囲気がグッと変わって面白いですね!

次は「マルチファンクションハンマー」を使って刻印していきます。
ヘッドの先端にスタンプを入れて下側のネジを回して、スタンプを固定します。


ヘッドにスタンプを差し込むときは、絵柄の向きに注意しましょう!
スタンプは、側面に印字されたロゴと絵柄を
自分のほうに向けると、正しい向きで刻印できます。
マルチファンクションハンマーを使用する場合は、
写真のように差し込んで下さい。

準備ができたら先ほどと同様にブランクを、スタンプ台の上に置きます。
ブランクは直接手で押さえても良いですが、
「セロハンテープ」で固定すれば、より手軽に刻印ができますよ!

準備ができたら刻印していきます。

今回ご紹介したデザインスタンプは、
マルチファンクションハンマーキットのスタンプのように
ネジをかませるための「くぼみ」がないため、
叩いている間に振動でネジが緩んでくる場合があります。

(左がマルチファンクションハンマーキットに入っている
チェイシングヘッド、右が破線のデザインスタンプです。
チェイシングヘッドの下側に「くぼみ」があります)

途中で緩みを感じたり、ヘッドがとれてしまった場合は、
再度ヘッドを差し込んでネジを締めなおせばOK!

完成したものがこちら。

ハンマーと、マルチファンクションハンマーで
作ったものを比べてみました。

左がハンマー、右がマルチファンクションハンマーで刻印したものです。
しっかり刻印したい方は力の入りやすい「ハンマー」、
手軽に刻印したい、繊細な模様をつけたいという方は、
「マルチファンクションハンマー」がおすすめです!

 

3.模様をつけるだけで味のあるブランクに! スタンプを使ったアクセサリーたち

シンプルな線模様をつけたブランクは、
文字を刻印しなくても見応えのある作品に仕上がります。
今回は4つのデザインスタンプを使ったアクセサリーをご紹介します!

1.ブレスレット【縦線】

ブレスレットに、「縦線」のみを刻印したシンプルなブレスレットは
文字を刻印しなくても、見応えのあるブレスレットに仕上がりました◎
コーディネートの邪魔をせず、手首を華やかに見せてくれるので、
ひとつあればいろんなシーンで活躍してくれそうです。

2.ネックレス【縦線(破線)】

Artisanブランクの「リバーストーン」に、
ハートハンド」のスタンプを刻印して「ペイントマーカー」で色を付け、
そのあとに縦線(破線)で全体に模様をつけました。
スズは柔らかくて刻印がしやすく、ハンドクラフト感のあるブランクが、
作品をワンランク上に仕上げてくれるので、
自分用にはもちろん、ギフトにもぴったりです◎

※文字や絵柄のみ色をつけたい場合は、必ず
【文字または絵柄→色付け→模様】の順番で行ってください。
【模様→文字または絵柄→色付け】だと、模様にまで
色が付いてしまう可能性があります。

3.イヤーアクセサリー

編み目模様のデザインスタンプを刻印したあと、
ダッピングキット」でブランクに立体感をだし、
パールを組み合わせた華やかなピアスです。
模様をつけたブランクは、光沢が柔らかく優しい印象になるので、
キラリと光るパールをより際立たせてくれますね◎

こちらは「破線」をブランク全体に刻印して、
パールを組み合わせたイヤリングです。
(ゴールド×パールの組み合わせって可愛いですよね!)
つるんとしたブランクより垢抜けた、
小洒落たイヤリングに仕上がりました◎

いかがでしたか?
文字よりも刻印が簡単で、ブランクに素敵な模様がつけられますよ!
印象がぐっと変わるので、作品のアクセントにぴったりです。

ぜひ、商品ページもご覧ください。

 

【新商品】縦長でスタイリッシュなフォント「Willow」

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

「シグネチャースタンプ」に、
新しいフォント「Willow」が入荷しました!

縦長でスタイリッシュなフォントは、
作品を一味違ったユニークなものに仕上げてくれますよ!

それでは早速紹介していきたいと思います!

 


1.縦長でスタイリッシュ! 3種類のスタンプ

2.ブランク選びと、丁寧な刻印が大切! 実際に刻印してみよう

3.刻印するだけで小洒落た作品に! 幅広く使えるアレンジ術


 

1.縦長でスタイリッシュ! 3種類のスタンプ

スタンプは、「大文字」「小文字」「数字」の3種類の展開です。

このフォントの特徴は、サイズが約4mmと
他のフォントに比べると少し大きくなります。

ちなみに、現在で取り扱いのあるスタンプで4mmは、
「Lolipop」があります。

(※こちらは大文字と数字だけの展開です。)
では、3種類の文字を詳しく見ていきましょう!

大文字


Lolipop」に比べると文字に丸みが少なく、スタイリッシュな印象です。
大文字のセットの中には、多肉植物のようなデザインスタンプが含まれています。

小文字


小文字には「!」や「?」のような使いやすいスタンプも含まれています。
句読点は文章や歌詞を刻印するときにぴったりです◎

数字


横幅が細く、刻印する時に幅をとらないので
数字をたくさん刻印したい方におすすめです。
(「9」は「6」を反対側にして使用します。)

大文字、小文字、数字、全てに共通して
先端がやや鋭角になっている「シグネチャースタンプ」なので、
打つ場所を確認しやすいのもおすすめポイントです!
(スタンプの種類についてはこちらをご覧ください)

 

2.ブランク選びと、丁寧な刻印が大切! 実際に刻印してみよう 

それでは実際に刻印してみたいと思います。
刻印するときに必要な道具はこちら!

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

ブランクは「ワッシャー」を使用します。

「Willow」のような少し大きいサイズのフォントを使うときは、
「ブランクの幅」を必ず確認しておきましょう!

「Willow」はサイズが4mmなので、
6mm以上のものを使うのがおすすめです。
(今回使用したワッシャーは幅が約6mmです。)

そして、ワッシャーに刻印するときは、
スタンプガイド」のサークルガイドがおすすめです!

ガイドを使えば、思い通りの位置に刻印することができるので、
より綺麗な刻印に仕上がりますよ◎

スタンプガイドについては、以前のメタルスタンプの読みもので
ご紹介しているので、ぜひご覧下さい!
▶︎【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

はじめに、スタンプ台の上にブランクを置き、
その上からガイドシールを貼り付けます。

シールに印字された円と、ブランクがぴったりと合いました。
ブランクによっては、ガイドとぴったり合わせることができるので、
刻印する位置が分かりやすく、打ち損じしにくくなるのも良いですね◎

貼り付けができたら、刻印していきます。

「Willow」は縦に長いので、スタンプをしっかりと押さえたまま、
真上から2~3回でしっかり打ち込むのがおすすめです。

大きい文字を刻印する場合は、上下左右に傾けながら刻印すると、
スタンプがズレやすく、刻印がゆがんでしまう可能性があるのでご注意を!
(素材によって刻印する力は変えてください。)

1文字目を刻印したものがこちら。

少し見えにくいですが、1時の方向にあるオレンジの線の上に刻印しました。

今回は、【オレンジの線の真上→オレンジの線と線の間】
を目安に文字を刻印ていきます。

少しでもずれると、刻印がブランクからはみ出てしまう可能性があるので、
丁寧に刻印していきましょう!
ブランクにうつる文字の位置を確認するのも良いですよ◎

刻印が終わったら、ガイドを外してしてみましょう!


文字がキレイに刻印できました◎
お好みでペイントマーカーを使って文字に色を付けて下さいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余談ですが、今回刻印した文字はフィンランド語!
3つの単語を刻印しましたが、それぞれの意味は、

「Moi!」こんにちは!
「Kiitos」ありがとう
「Fika」コーヒーブレイク

フィンランド語ってなんだか声に出したくなるような、
かわいい単語が多いですよね。
英語以外の言葉を刻印するのも
ユーモアがあっておすすめです!

 

3.刻印するだけで小洒落た印象に! 幅広く使えるアレンジ術

「Willow」を使った作品は、スタイリッシュで
気の利いた作品に仕上がりますよ!
これから、スタンプ部が作った作品を3つご紹介していきたいと思います!

ブレスレット

「Willow」の特徴でもある縦長の文字を生かして、
中心部分が膨らんだ「テーパー」のブレスレットに刻印してみました。
ブレスレットの幅が広いので、刻印がしやすいですよ!

ブレスレットブランクに刻印するときは、
ブレスレットガイド」がおすすめです。

文字がきれいに下揃えになり、等間隔に刻印することができるので、
仕上がりにグッと差をつけることができますよ!

縦長のフォントは、文章も柄のように馴染んで見えますね!

ペットタグ

いつもとは一味違ったこんなペットタグはいかが?
アルファベットや数字だけでなく、付属のデザインスタンプも使ってみました。
植物のスタンプが作品のクオリティをより高く見せてくれますよ!

ギフトタグ

リボンのラッピング部分にちょこっとつければ、
ギフトがより特別なものになりそうです。
はずして記念にとって置けるのも良いですよね◎
クリスマスの贈り物にもピッタリのアイディアです!

色んな作品作りにぴったりの「Willow」。
是非商品ページでもご覧くださいね!

 

【WEB販売限定】ずっと大切に使いたい。遊び心も兼ね備えた高級感のある「ブレスレットブランク」

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

今回ご紹介するのは、WEB販売限定の商品です!
高級なメッキ加工を施した「ブレスレットブランク」が
新しく入荷しました!

特別なブレスレットは、自分用にするのはもちろん、
メッセージを刻印して、思いを伝えるギフトにするのもぴったりです。

それでは、「ブレスレットブランク」の素材や特徴、
アレンジ術などご紹介していきます!

 


1.高級感のある特別な「ブレスレットバングル」

2.便利グッズでより美しい仕上がりに! ブレスレットの作り方

3.ハートの穴を有効に使おう! タッセルやストーンを使ったアレンジ


 

1.高級感のある特別な「ブレスレットブランク」

こちらのブランクの一番の推しポイントは、なんといっても「高級感」!
高級なメッキを施したWEB販売限定の特別なブレスレットブランクです。

メッキの種類は「18Kゴールド」「18Kローズゴールド」
「999シルバー(純銀」)の3種類です。

表面は、光沢を抑えた優しい質感の「ツヤ消し」と
輝きが美しい「ツヤあり」の2種類からお選びいただけます。

左が「ツヤ消し」、右が「ツヤあり」です。

ブレスレットの幅は、約6mmと約10mmの2種類あり、
長さはどちらの幅も150mmです。

左が約6mm、右が約10mmです。

レタースタンプをメインに刻印したい方は6mm、
「デザインスタンプ」をメインに刻印したい方は、10mmがおすすめです。
デザインスタンプはサイズが6mmのものが多いので、
刻印したい場合は、あらかじめ確認しておくのがベストです◎

そして、こちらのブレスレットブランクには、
ブレスレットの左端に、ハートの抜き加工がされています。

小さくてチラリと見えるハートがかわいいですね!
チャームやタッセルなどをつけたアレンジも楽しむことができます。

 

2.便利グッズでより美しい仕上がりに! ブレスレットの作り方

では、ブレスレットを仕上げていきたいと思います。
刻印するときに必要な工具などはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

今回は、18Kゴールド(ツヤあり)のブレスレットブランクに刻印します。

はじめに、スタンプ台の上にブレスレットをのせます。
刻印しているときに、ブレスレットが動かないよう
スタンプストレートテープ」で固定しておくのがおすすめです!

ご自宅にあるセロハンテープやマスキングテープでも代用可能です。

文字をまっすぐ刻印したいので、ブレスレットバングル専用のガイドシール
ブレスレットガイド」を使って刻印していきます。

ブランクに貼って刻印することで、
文字を綺麗に刻印することができます◎

ガイドシールの詳しい使い方は、
以前のメタルスタンプの読み物でご紹介しているので、
そちらもご覧ください!
▶【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

ガイドシールが貼れたら刻印していきます。

心配な方は、刻印する文字を間違えないように、
あらかじめガイドシールに書いておくのもおすすめです!

ガイドシールの上から、スタンプストレートテープで
しっかりと固定してから刻印していきます。
スタンプストレートテープは、ガイドシールの上から貼ってもOKです!

真鍮は硬い素材なので、少し力をいれて強めに刻印しましょう。
1文字ずつ丁寧に刻印するのが、綺麗に仕上げる重要なポイントです。

途中でブレスレットの位置をずらすときは、
スタンプストレートシールをゆっくりと外し、
ガイドシールの位置がずれないよう注意しましょう!

完成したものがこちら。

ガイドシールを使用することによって、
文字が下揃えで、まっすぐ綺麗に刻印することができました。

「ハンマーで強く打ちすぎて、ブレスレットが少し曲がってしまった」
というときは、「マルチファンクションハンマー」の「ナイロンヘッド」を使えば、
刻印のときにできた曲がりを目立ちにくくしてくれますよ!

よりきれいなブレスレットに仕上げたい方におすすめです。

ちなみに刻印した文章は、
「All you need is love, Love is all you need」。
もうお分かりの方もいるかもしれませんね。

これは、誰もが耳にしたことがあるBeatlesの代表曲、
「All You Need Is Love」の歌詞の一部です。
翻訳すると「愛こそすべて、愛こそみんなに必要なんだ」という意味です。
シンプルだからこそ、思いがダイレクトに伝わる素敵な歌詞ですよね!

刻印する文字や文章に迷ったときは、
歌詞を拝借するのもひとつのアイディアです◎

そして、ペイントマーカーで刻印した文字に色をつけ、
3分ほど経ってから、柔らかい布で拭き取ればできあがりです。

「ゴールドのブランク」×「ゴールドのペイントマーカー」のような
同色の組み合わせは、一見文字が分かりにく感じますが、
近づいて見たときに繊細に輝く同色のラメが、文字だけでなく
作品を上質な印象に仕上げてくれるのでおすすめです!

最後に、ブレスレットの形に仕上げていきます。
まずは、「ブレスレットべンディングバー」を使って丸みを作っていきます。

ベンディングバーの丸くなったところの先端に溝があるので、
ブレスレットブランクの端を入れて固定します。

固定できた箇所をしっかり押さえながら、反対側の手で
ベンディングバーの丸みに合わせてブランクを曲げていきます。
曲げるときは、机の縁などを使うとやりやすいですよ!

ある程度丸みがついたら、反対側も同様に曲げていきます。



両側に丸みがつきました。

残りのまっすぐな端部分を
ブレスレット用プライヤー」形を整えていきます。
中央の真っすぐな部分から端に向かって挟んでいくと、
きれいに丸みを作れますよ!


全体的に綺麗な丸みができたら完成です。

綺麗なブレスレットの形に仕上がりました。

プライヤーだけでもブレスレットの形にできますが、
べンディングバーを使えばより早く仕上げることができますよ!

わかりにくければ、この動画も参考にしてみてください。
2分10秒から、ブレスレットの曲げ方の説明の動画になっています。

ベンディングバーとプライヤーを併用することによって、
簡単に綺麗に丸みを作ることができました!

 

3.ハートの穴を有効に使おう! タッセルやストーンを使ったアレンジ

このブレスレットブランクの特徴である、かわいいハートの穴を活かして
様々なアレンジを加えてみたいと思います!

《1》タッセル

小さなタッセルがゆらゆらと揺れて、
少しカジュアルダウンした印象に仕上がりました。
タッセルは刺繍糸やリボンでも手作りできるので、
いろんな雰囲気を楽しむことができるのも◎

《2》チャーム

同じゴールド色で統一感をもたせつつ、
ユニークな葉っぱのチャームでアクセントを加えました。
タッセルと同じく丸カンで繋ぐだけで簡単にできるので、
おすすめのアイデアです◎

《3》ストーン

「クリスタルセッターキット」を使って、ストーンをつけました。
手首をきらりと彩るストーンは、高級感があってブレスレットとの相性も◎
ブレスレットに思いを刻んで、誕生石カラーのストーンをつければ、
心のこもった特別なギフトになりそうです。

いかがでしたか?

高級感のある特別なブレスレットは、
自分用にはもちろん、大切な人に特別な思いを刻んで
プレゼントするのもぴったりです◎

こちらはWEB販売限定商品になるので
気になる方は是非チェックしてみて下さいね!

 

【商品紹介】刻印するだけで本格的な仕上がりに! 日常で楽しく使える「DIYキット・サインマーカー」

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

みなさんは、インプレスアートには
「DIYキット」というオリジナルキットがあるのはご存知でしたか?

DIYキットには、それぞれの用途にあった専用のブランクと、
必要な金具などの副資材が含まれた便利なキットです。

今回ご紹介する「サインマーカー」は、
食べ物などの柔らかいものに刺して、
メッセージカードや、名札のように使える生活雑貨です。

キットは全部で9種類ありますが、
今回はその中から、初心者の方にもオススメの
サインマーカー」をご紹介します!


1.初心者の方におすすめ! 刻印しやすい「サインマーカー」

2.1文字ずつ優しい力で! 実際に刻印してみよう!

3.記念日や特別な日を刻印するのも◎ いろんな活用術



1.初心者の方におすすめ! 刻印しやすい「サインマーカー」

はじめにもご紹介しましたが、「DIYキット」には
専用のブランクと、必要な副資材がセットになったキットです。
刻印に必要な工具さえ用意すれば、すぐに始めることができますよ!

もし工具をお持ちでないという方は、
スターターキット」という基礎的な工具やスタンプ、
練習用のブランクが入ったキットもあるので、こちらもおすすめです。

ブランクのサイズは約50×70mm、素材は「アルミニウム」です。
面が広く、柔らかい素材で刻印がしやすいこちらのブランクは、
初心者の方にもおすすめです。
3枚入りなので、1枚試し打ちに使ってもOK!

ブランクの縁に模様がはいっているので、
文字や模様を刻印するだけで、作品の完成度を高く見せてくれますよ!


2.1文字ずつ優しい力で! 実際に刻印してみよう!

ではさっそく刻印したいと思います!
刻印するときに必要な道具はこちら

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、スタンプ台の上にブランクを置きます。
刻印しているときに、ブレスレットが動かないよう
スタンプストレートテープ」で固定していきます。

動かないよう先端の尖った部分と、刻印する面の端の
2カ所をしっかりと固定しておくと良いですね◎

文字をまっすぐ刻印したい場合は、毎度おなじみ
ガイドシール」を使って刻印するのがおすすめです。
まっすぐ刻印できるだけでなく、文字の間隔を揃えることができるので、
完成度がグッとあがりますよ!
ガイドシールに直接刻印する文字を書き込んでおくのもおすすめです!


これで準備は完了です。
ガイドに合わせながら、1文字ずつ丁寧に刻印していきます。

1文字目が刻印できました。

素材がアルミなので、力強く打つ必要はありません。
なるべくスタンプの真上からハンマーで刻印して、
最後に上下に傾けて軽くトントンと打ち込むと、
文字が全体的にくっきり刻印できます。

スタンプガイドを使って刻印するコツは、
メタルスタンプの読みものでもご紹介しているので、
そちらをご覧ください!
▶︎【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

ガイドにそって少し間隔を開けて、次の文字を刻印します。


2文字目が刻印できました。
同じように文字を刻印していきます。

今回は3段に分けて文字を刻印したいので、
少しガイドの位置をずらして2段目を刻印します。
このとき、ガイドシールは1段目の刻印と平行になるようにずらしましょう。
(もとから刻印されている絵柄は左右対称なので、
同じ絵柄の部分を目安に、ガイドシールを貼り付けるとズレにくいです)

2段目が刻印できたので、3段目を刻印します。

文字の刻印はこれで完成です。
ガイドを使ったので、文字をまっすぐで、
等間隔に刻印することができました◎

刻印が終わったらガイドを外して、
ペイントマーカーで色をつけます。

3分ほど置いて、乾いた布ではみ出た部分を拭き取れば完成です!

かわいいサインマーカーができました◎

3.記念日や特別な日を刻印するのも◎ いろんな活用術

今回は、サインマーカーで作った作品の活用例を
いくつかご紹介したいと思います!

《1》ケーキにさして「メッセージプレート」に

先ほど刻印したマーカーをケーキにつけて、誕生日や記念日をお祝いするときに、
ろうそくのかわりにサインマーカーにするのもおもしろいですよ!
記念として大切に手元とっておけるのも◎

《2》プランターにさして「ネームプレート」に

自宅で育てている観葉植物の土に刺して、
ガーデンマーカーとして使用してみました!
シンプルなグリーンに、チラリと見える
サインマーカーがアクセントになりました◎
花を育て始めた日を刻印して、咲くまでの日程を観察するのも楽しいかも?

《3》本や手帳にさして「ブックマーク」に

すぐ開けたいページがあるときに、ブックマークとして使うのも◎
手帳カバーにしまっておけば、いつでもとりだせて便利です。

いかがでしたか?

今回はサインマーカーのみご紹介しましたが、
DYIキット」には他にもたくさん種類あるので、
是非チェックしてみてください!

【新商品】キレイな星座が刻印できる! 組み合わせも楽しめる「12星座スタンプキット」

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

以前にメタルスタンプの読みもので、
「星座のシンボルマーク」が刻印できる
デザインスタンプをご紹介しましたが、
新しく「星座の形」を刻印できるキットが入荷しました!

占いなどで身近な存在でもある星座ですが、
12個の星座それぞれに意味や歴史があり、
形もそれぞれ個性があって面白いですよね。

夜空を繊細な光で彩る星座ってなんだかロマンチックで、
魅力を感じてしまいます……

今回は、そんな魅力的な星座の形を簡単に刻印できる
12星座スタンプキット」をご紹介したいと思います!

 


 

1.理想の刻印が簡単にできる! ガイドつきのスタンプキット

2.力加減に注意! 繊細な星座を作るポイント

3.使い方や組み合わせで作品の完成度があがる! 様々なアレンジ術

 


 

1.理想の刻印が簡単にできる! ガイドつきのスタンプキット

「12星座スタンプキット」には、デザインスタンプと、
星座の模様が描かれたガイドシールが含まれています。

専用のガイドシールをブランクに貼って使用すれば、
模様をキレイに刻印することができますよ!

デザインスタンプは4種類あります。

左から
「スモールドット(0.45mm)」
「ラージドット(0.75mm)」
「グリマー(1.75mm)」
「スターブラスト(4mm)」

使いやすいサイズ違いのドットと、
小さい星のような絵柄のスタンプがセットになっています。

スタンプの種類が「シグネチャースタンプ」なので、
先端がやや鋭角になっているため、打つ場所を確認しやすいのも◎
(スタンプの種類についてはこちらをご覧ください)

星座のガイドシールには、
12種類のガイドシール(各星座につき2枚)と、
スタンプの説明と刻印見本が入っています。

事前に見本表で、刻印の仕上がりを確認することができます!

ガイドシールは大きさが3種類あります。

上から1.9cm、約2.5cm、約3.1cmで、
大きさによって刻印するスタンプが異なります。
使いたいブランクと、刻印したい絵柄を事前に確認しておくと良いですね!

 

2.力加減に注意! 繊細な星座を作るポイント

それでは、刻印をしていきたいと思います!
ブランクは25mmのプレートを使用します。

刻印するときに用意するものはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、ブランクにガイドシールを貼り付けます。
サークルのブランクと、ガイドシールの大きさがほぼ同じなので、
ガイドシールに描かれた緑色の線と、ブランクの縁が合うように貼り付けます。

ブランクによって異なりますが、
上部にヒモやカンを通すための穴があるものは、
ガイドシールの「オレンジ色の小さい丸の部分」を穴に合わせれば、
位置だけでなく、方向も合わせることができますよ!

貼り付けができたら、ガイドシールに印字されている
指定のスタンプで刻印していきます。

ちなみに、「スモールドット(0.45mm)」と「ラージドット(0.75mm)」は
見た目だけだと分かりずらいので、間違えないように、
あらかじめスタンプに目印を付けておくのもおすすめです◎

マスキングテープや、シールを貼っておくと分かりやすいです!

はじめに「スモールドット(0.45mm)」から刻印したいと思います。

刻印するときは「力加減」に十分注意しましょう!

小さいドットでも強い力で刻印してしまうと、
大きいドットとの差が分からなくなってしまうことがあります。

特にアルケメなどの柔らかい素材に刻印する場合は、
力が強いとブランクの裏面までへこんでしまうこともあるので、
繊細な星座を表現したい方は、力を少し弱めにするのがおすすめです。

小さいドットの刻印が完成しました。
かなり細かいので完璧な位置合わせは難しいですが、
多少ズレていても問題ありません。

同じように大きいドットも刻印します。

最後に右下の絵柄を刻印します。

少し大きい絵柄を刻印するときは、一度真上から刻印した後、
スタンプを外さず、そのまま上下左右に傾けて
軽くハンマーで叩けば、絵柄全体をキレイに刻印することができますよ!

刻印ができたら、ガイドシールを外します。

ガイドシールを外してみると、多少のズレは目立たず、
バランスよくキレイに刻印することができました!

最後に好きな色のペイントマーカーで色をつけて完成です。


繊細な星座がキュンとするかわいいブランクに仕上がりました◎

 

3.使い方や組み合わせで作品の完成度があがる! 様々なアレンジ術

星座の形がシンプルなので、いろんなアイテムと組み合わせやすく、
少しアクセントを加えることで、よりおもしろい作品に仕上がりますよ!
作品に差をつけたい方におすすめのアイディアをいくつかご紹介します。

《1》クリスタルセッターキット

「スターブラスト(4mm)」の中心に
クリスタルセッターキット」を使って、ストーンを貼り付けました。
ストーンがまるで一等星のように輝いて、作品を一層引き立ててくれますね!

《2》星座スタンプ

星座パック」のデザインスタンプと組み合わせて、
ネックレスに仕上げました。
合わせて使えばより完成度の高い作品にしあがりますね!
大切な人へのギフトとしても喜ばれそうです◎

《3》ブレスレットにランダムに刻印する

ブレスレットにあえてガイドシールを使わざず、
ランダムにデザインスタンプを刻印しました。
「スターブラスト(4mm)」の中心には先ほどと同じように
クリスタルセッターキットを使ってストーンを貼りつけました。
腕につければ、「それどこで買ったの?」と注目度があがりそうです◎

いかがでしたか?

星座の絵柄はシンプルなので、他のアイテムと相性が良く、
組み合わせやすいのもおすすめポイントです。
文字のような「メッセージ」とは一味違う、
まるで「アート」な作品作りを楽しめますよ!

ぜひお試しください。