【新商品】縦長でスタイリッシュなフォント「Willow」

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

「シグネチャースタンプ」に、
新しいフォント「Willow」が入荷しました!

縦長でスタイリッシュなフォントは、
作品を一味違ったユニークなものに仕上げてくれますよ!

それでは早速紹介していきたいと思います!

 


1.縦長でスタイリッシュ! 3種類のスタンプ

2.ブランク選びと、丁寧な刻印が大切! 実際に刻印してみよう

3.刻印するだけで小洒落た作品に! 幅広く使えるアレンジ術


 

1.縦長でスタイリッシュ! 3種類のスタンプ

スタンプは、「大文字」「小文字」「数字」の3種類の展開です。

このフォントの特徴は、サイズが約4mmと
他のフォントに比べると少し大きくなります。

ちなみに、現在で取り扱いのあるスタンプで4mmは、
「Lolipop」があります。

(※こちらは大文字と数字だけの展開です。)
では、3種類の文字を詳しく見ていきましょう!

大文字


Lolipop」に比べると文字に丸みが少なく、スタイリッシュな印象です。
大文字のセットの中には、多肉植物のようなデザインスタンプが含まれています。

小文字


小文字には「!」や「?」のような使いやすいスタンプも含まれています。
句読点は文章や歌詞を刻印するときにぴったりです◎

数字


横幅が細く、刻印する時に幅をとらないので
数字をたくさん刻印したい方におすすめです。
(「9」は「6」を反対側にして使用します。)

大文字、小文字、数字、全てに共通して
先端がやや鋭角になっている「シグネチャースタンプ」なので、
打つ場所を確認しやすいのもおすすめポイントです!
(スタンプの種類についてはこちらをご覧ください)

 

2.ブランク選びと、丁寧な刻印が大切! 実際に刻印してみよう 

それでは実際に刻印してみたいと思います。
刻印するときに必要な道具はこちら!

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

ブランクは「ワッシャー」を使用します。

「Willow」のような少し大きいサイズのフォントを使うときは、
「ブランクの幅」を必ず確認しておきましょう!

「Willow」はサイズが4mmなので、
6mm以上のものを使うのがおすすめです。
(今回使用したワッシャーは幅が約6mmです。)

そして、ワッシャーに刻印するときは、
スタンプガイド」のサークルガイドがおすすめです!

ガイドを使えば、思い通りの位置に刻印することができるので、
より綺麗な刻印に仕上がりますよ◎

スタンプガイドについては、以前のメタルスタンプの読みもので
ご紹介しているので、ぜひご覧下さい!
▶︎【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

はじめに、スタンプ台の上にブランクを置き、
その上からガイドシールを貼り付けます。

シールに印字された円と、ブランクがぴったりと合いました。
ブランクによっては、ガイドとぴったり合わせることができるので、
刻印する位置が分かりやすく、打ち損じしにくくなるのも良いですね◎

貼り付けができたら、刻印していきます。

「Willow」は縦に長いので、スタンプをしっかりと押さえたまま、
真上から2~3回でしっかり打ち込むのがおすすめです。

大きい文字を刻印する場合は、上下左右に傾けながら刻印すると、
スタンプがズレやすく、刻印がゆがんでしまう可能性があるのでご注意を!
(素材によって刻印する力は変えてください。)

1文字目を刻印したものがこちら。

少し見えにくいですが、1時の方向にあるオレンジの線の上に刻印しました。

今回は、【オレンジの線の真上→オレンジの線と線の間】
を目安に文字を刻印ていきます。

少しでもずれると、刻印がブランクからはみ出てしまう可能性があるので、
丁寧に刻印していきましょう!
ブランクにうつる文字の位置を確認するのも良いですよ◎

刻印が終わったら、ガイドを外してしてみましょう!


文字がキレイに刻印できました◎
お好みでペイントマーカーを使って文字に色を付けて下さいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余談ですが、今回刻印した文字はフィンランド語!
3つの単語を刻印しましたが、それぞれの意味は、

「Moi!」こんにちは!
「Kiitos」ありがとう
「Fika」コーヒーブレイク

フィンランド語ってなんだか声に出したくなるような、
かわいい単語が多いですよね。
英語以外の言葉を刻印するのも
ユーモアがあっておすすめです!

 

3.刻印するだけで小洒落た印象に! 幅広く使えるアレンジ術

「Willow」を使った作品は、スタイリッシュで
気の利いた作品に仕上がりますよ!
これから、スタンプ部が作った作品を3つご紹介していきたいと思います!

ブレスレット

「Willow」の特徴でもある縦長の文字を生かして、
中心部分が膨らんだ「テーパー」のブレスレットに刻印してみました。
ブレスレットの幅が広いので、刻印がしやすいですよ!

ブレスレットブランクに刻印するときは、
ブレスレットガイド」がおすすめです。

文字がきれいに下揃えになり、等間隔に刻印することができるので、
仕上がりにグッと差をつけることができますよ!

縦長のフォントは、文章も柄のように馴染んで見えますね!

ペットタグ

いつもとは一味違ったこんなペットタグはいかが?
アルファベットや数字だけでなく、付属のデザインスタンプも使ってみました。
植物のスタンプが作品のクオリティをより高く見せてくれますよ!

ギフトタグ

リボンのラッピング部分にちょこっとつければ、
ギフトがより特別なものになりそうです。
はずして記念にとって置けるのも良いですよね◎
クリスマスの贈り物にもピッタリのアイディアです!

色んな作品作りにぴったりの「Willow」。
是非商品ページでもご覧くださいね!

 

【WEB販売限定】ずっと大切に使いたい。遊び心も兼ね備えた高級感のある「ブレスレットブランク」

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

今回ご紹介するのは、WEB販売限定の商品です!
高級なメッキ加工を施した「ブレスレットブランク」が
新しく入荷しました!

特別なブレスレットは、自分用にするのはもちろん、
メッセージを刻印して、思いを伝えるギフトにするのもぴったりです。

それでは、「ブレスレットブランク」の素材や特徴、
アレンジ術などご紹介していきます!

 


1.高級感のある特別な「ブレスレットバングル」

2.便利グッズでより美しい仕上がりに! ブレスレットの作り方

3.ハートの穴を有効に使おう! タッセルやストーンを使ったアレンジ


 

1.高級感のある特別な「ブレスレットブランク」

こちらのブランクの一番の推しポイントは、なんといっても「高級感」!
高級なメッキを施したWEB販売限定の特別なブレスレットブランクです。

メッキの種類は「18Kゴールド」「18Kローズゴールド」
「999シルバー(純銀」)の3種類です。

表面は、光沢を抑えた優しい質感の「ツヤ消し」と
輝きが美しい「ツヤあり」の2種類からお選びいただけます。

左が「ツヤ消し」、右が「ツヤあり」です。

ブレスレットの幅は、約6mmと約10mmの2種類あり、
長さはどちらの幅も150mmです。

左が約6mm、右が約10mmです。

レタースタンプをメインに刻印したい方は6mm、
「デザインスタンプ」をメインに刻印したい方は、10mmがおすすめです。
デザインスタンプはサイズが6mmのものが多いので、
刻印したい場合は、あらかじめ確認しておくのがベストです◎

そして、こちらのブレスレットブランクには、
ブレスレットの左端に、ハートの抜き加工がされています。

小さくてチラリと見えるハートがかわいいですね!
チャームやタッセルなどをつけたアレンジも楽しむことができます。

 

2.便利グッズでより美しい仕上がりに! ブレスレットの作り方

では、ブレスレットを仕上げていきたいと思います。
刻印するときに必要な工具などはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

今回は、18Kゴールド(ツヤあり)のブレスレットブランクに刻印します。

はじめに、スタンプ台の上にブレスレットをのせます。
刻印しているときに、ブレスレットが動かないよう
スタンプストレートテープ」で固定しておくのがおすすめです!

ご自宅にあるセロハンテープやマスキングテープでも代用可能です。

文字をまっすぐ刻印したいので、ブレスレットバングル専用のガイドシール
ブレスレットガイド」を使って刻印していきます。

ブランクに貼って刻印することで、
文字を綺麗に刻印することができます◎

ガイドシールの詳しい使い方は、
以前のメタルスタンプの読み物でご紹介しているので、
そちらもご覧ください!
▶【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

ガイドシールが貼れたら刻印していきます。

心配な方は、刻印する文字を間違えないように、
あらかじめガイドシールに書いておくのもおすすめです!

ガイドシールの上から、スタンプストレートテープで
しっかりと固定してから刻印していきます。
スタンプストレートテープは、ガイドシールの上から貼ってもOKです!

真鍮は硬い素材なので、少し力をいれて強めに刻印しましょう。
1文字ずつ丁寧に刻印するのが、綺麗に仕上げる重要なポイントです。

途中でブレスレットの位置をずらすときは、
スタンプストレートシールをゆっくりと外し、
ガイドシールの位置がずれないよう注意しましょう!

完成したものがこちら。

ガイドシールを使用することによって、
文字が下揃えで、まっすぐ綺麗に刻印することができました。

「ハンマーで強く打ちすぎて、ブレスレットが少し曲がってしまった」
というときは、「マルチファンクションハンマー」の「ナイロンヘッド」を使えば、
刻印のときにできた曲がりを目立ちにくくしてくれますよ!

よりきれいなブレスレットに仕上げたい方におすすめです。

ちなみに刻印した文章は、
「All you need is love, Love is all you need」。
もうお分かりの方もいるかもしれませんね。

これは、誰もが耳にしたことがあるBeatlesの代表曲、
「All You Need Is Love」の歌詞の一部です。
翻訳すると「愛こそすべて、愛こそみんなに必要なんだ」という意味です。
シンプルだからこそ、思いがダイレクトに伝わる素敵な歌詞ですよね!

刻印する文字や文章に迷ったときは、
歌詞を拝借するのもひとつのアイディアです◎

そして、ペイントマーカーで刻印した文字に色をつけ、
3分ほど経ってから、柔らかい布で拭き取ればできあがりです。

「ゴールドのブランク」×「ゴールドのペイントマーカー」のような
同色の組み合わせは、一見文字が分かりにく感じますが、
近づいて見たときに繊細に輝く同色のラメが、文字だけでなく
作品を上質な印象に仕上げてくれるのでおすすめです!

最後に、ブレスレットの形に仕上げていきます。
まずは、「ブレスレットべンディングバー」を使って丸みを作っていきます。

ベンディングバーの丸くなったところの先端に溝があるので、
ブレスレットブランクの端を入れて固定します。

固定できた箇所をしっかり押さえながら、反対側の手で
ベンディングバーの丸みに合わせてブランクを曲げていきます。
曲げるときは、机の縁などを使うとやりやすいですよ!

ある程度丸みがついたら、反対側も同様に曲げていきます。



両側に丸みがつきました。

残りのまっすぐな端部分を
ブレスレット用プライヤー」形を整えていきます。
中央の真っすぐな部分から端に向かって挟んでいくと、
きれいに丸みを作れますよ!


全体的に綺麗な丸みができたら完成です。

綺麗なブレスレットの形に仕上がりました。

プライヤーだけでもブレスレットの形にできますが、
べンディングバーを使えばより早く仕上げることができますよ!

わかりにくければ、この動画も参考にしてみてください。
2分10秒から、ブレスレットの曲げ方の説明の動画になっています。

ベンディングバーとプライヤーを併用することによって、
簡単に綺麗に丸みを作ることができました!

 

3.ハートの穴を有効に使おう! タッセルやストーンを使ったアレンジ

このブレスレットブランクの特徴である、かわいいハートの穴を活かして
様々なアレンジを加えてみたいと思います!

《1》タッセル

小さなタッセルがゆらゆらと揺れて、
少しカジュアルダウンした印象に仕上がりました。
タッセルは刺繍糸やリボンでも手作りできるので、
いろんな雰囲気を楽しむことができるのも◎

《2》チャーム

同じゴールド色で統一感をもたせつつ、
ユニークな葉っぱのチャームでアクセントを加えました。
タッセルと同じく丸カンで繋ぐだけで簡単にできるので、
おすすめのアイデアです◎

《3》ストーン

「クリスタルセッターキット」を使って、ストーンをつけました。
手首をきらりと彩るストーンは、高級感があってブレスレットとの相性も◎
ブレスレットに思いを刻んで、誕生石カラーのストーンをつければ、
心のこもった特別なギフトになりそうです。

いかがでしたか?

高級感のある特別なブレスレットは、
自分用にはもちろん、大切な人に特別な思いを刻んで
プレゼントするのもぴったりです◎

こちらはWEB販売限定商品になるので
気になる方は是非チェックしてみて下さいね!

 

【商品紹介】刻印するだけで本格的な仕上がりに! 日常で楽しく使える「DIYキット・サインマーカー」

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

みなさんは、インプレスアートには
「DIYキット」というオリジナルキットがあるのはご存知でしたか?

DIYキットには、それぞれの用途にあった専用のブランクと、
必要な金具などの副資材が含まれた便利なキットです。

今回ご紹介する「サインマーカー」は、
食べ物などの柔らかいものに刺して、
メッセージカードや、名札のように使える生活雑貨です。

キットは全部で9種類ありますが、
今回はその中から、初心者の方にもオススメの
サインマーカー」をご紹介します!


1.初心者の方におすすめ! 刻印しやすい「サインマーカー」

2.1文字ずつ優しい力で! 実際に刻印してみよう!

3.記念日や特別な日を刻印するのも◎ いろんな活用術



1.初心者の方におすすめ! 刻印しやすい「サインマーカー」

はじめにもご紹介しましたが、「DIYキット」には
専用のブランクと、必要な副資材がセットになったキットです。
刻印に必要な工具さえ用意すれば、すぐに始めることができますよ!

もし工具をお持ちでないという方は、
スターターキット」という基礎的な工具やスタンプ、
練習用のブランクが入ったキットもあるので、こちらもおすすめです。

ブランクのサイズは約50×70mm、素材は「アルミニウム」です。
面が広く、柔らかい素材で刻印がしやすいこちらのブランクは、
初心者の方にもおすすめです。
3枚入りなので、1枚試し打ちに使ってもOK!

ブランクの縁に模様がはいっているので、
文字や模様を刻印するだけで、作品の完成度を高く見せてくれますよ!


2.1文字ずつ優しい力で! 実際に刻印してみよう!

ではさっそく刻印したいと思います!
刻印するときに必要な道具はこちら

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、スタンプ台の上にブランクを置きます。
刻印しているときに、ブレスレットが動かないよう
スタンプストレートテープ」で固定していきます。

動かないよう先端の尖った部分と、刻印する面の端の
2カ所をしっかりと固定しておくと良いですね◎

文字をまっすぐ刻印したい場合は、毎度おなじみ
ガイドシール」を使って刻印するのがおすすめです。
まっすぐ刻印できるだけでなく、文字の間隔を揃えることができるので、
完成度がグッとあがりますよ!
ガイドシールに直接刻印する文字を書き込んでおくのもおすすめです!


これで準備は完了です。
ガイドに合わせながら、1文字ずつ丁寧に刻印していきます。

1文字目が刻印できました。

素材がアルミなので、力強く打つ必要はありません。
なるべくスタンプの真上からハンマーで刻印して、
最後に上下に傾けて軽くトントンと打ち込むと、
文字が全体的にくっきり刻印できます。

スタンプガイドを使って刻印するコツは、
メタルスタンプの読みものでもご紹介しているので、
そちらをご覧ください!
▶︎【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

ガイドにそって少し間隔を開けて、次の文字を刻印します。


2文字目が刻印できました。
同じように文字を刻印していきます。

今回は3段に分けて文字を刻印したいので、
少しガイドの位置をずらして2段目を刻印します。
このとき、ガイドシールは1段目の刻印と平行になるようにずらしましょう。
(もとから刻印されている絵柄は左右対称なので、
同じ絵柄の部分を目安に、ガイドシールを貼り付けるとズレにくいです)

2段目が刻印できたので、3段目を刻印します。

文字の刻印はこれで完成です。
ガイドを使ったので、文字をまっすぐで、
等間隔に刻印することができました◎

刻印が終わったらガイドを外して、
ペイントマーカーで色をつけます。

3分ほど置いて、乾いた布ではみ出た部分を拭き取れば完成です!

かわいいサインマーカーができました◎

3.記念日や特別な日を刻印するのも◎ いろんな活用術

今回は、サインマーカーで作った作品の活用例を
いくつかご紹介したいと思います!

《1》ケーキにさして「メッセージプレート」に

先ほど刻印したマーカーをケーキにつけて、誕生日や記念日をお祝いするときに、
ろうそくのかわりにサインマーカーにするのもおもしろいですよ!
記念として大切に手元とっておけるのも◎

《2》プランターにさして「ネームプレート」に

自宅で育てている観葉植物の土に刺して、
ガーデンマーカーとして使用してみました!
シンプルなグリーンに、チラリと見える
サインマーカーがアクセントになりました◎
花を育て始めた日を刻印して、咲くまでの日程を観察するのも楽しいかも?

《3》本や手帳にさして「ブックマーク」に

すぐ開けたいページがあるときに、ブックマークとして使うのも◎
手帳カバーにしまっておけば、いつでもとりだせて便利です。

いかがでしたか?

今回はサインマーカーのみご紹介しましたが、
DYIキット」には他にもたくさん種類あるので、
是非チェックしてみてください!

【新商品】キレイな星座が刻印できる! 組み合わせも楽しめる「12星座スタンプキット」

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

以前にメタルスタンプの読みもので、
「星座のシンボルマーク」が刻印できる
デザインスタンプをご紹介しましたが、
新しく「星座の形」を刻印できるキットが入荷しました!

占いなどで身近な存在でもある星座ですが、
12個の星座それぞれに意味や歴史があり、
形もそれぞれ個性があって面白いですよね。

夜空を繊細な光で彩る星座ってなんだかロマンチックで、
魅力を感じてしまいます……

今回は、そんな魅力的な星座の形を簡単に刻印できる
12星座スタンプキット」をご紹介したいと思います!

 


 

1.理想の刻印が簡単にできる! ガイドつきのスタンプキット

2.力加減に注意! 繊細な星座を作るポイント

3.使い方や組み合わせで作品の完成度があがる! 様々なアレンジ術

 


 

1.理想の刻印が簡単にできる! ガイドつきのスタンプキット

「12星座スタンプキット」には、デザインスタンプと、
星座の模様が描かれたガイドシールが含まれています。

専用のガイドシールをブランクに貼って使用すれば、
模様をキレイに刻印することができますよ!

デザインスタンプは4種類あります。

左から
「スモールドット(0.45mm)」
「ラージドット(0.75mm)」
「グリマー(1.75mm)」
「スターブラスト(4mm)」

使いやすいサイズ違いのドットと、
小さい星のような絵柄のスタンプがセットになっています。

スタンプの種類が「シグネチャースタンプ」なので、
先端がやや鋭角になっているため、打つ場所を確認しやすいのも◎
(スタンプの種類についてはこちらをご覧ください)

星座のガイドシールには、
12種類のガイドシール(各星座につき2枚)と、
スタンプの説明と刻印見本が入っています。

事前に見本表で、刻印の仕上がりを確認することができます!

ガイドシールは大きさが3種類あります。

上から1.9cm、約2.5cm、約3.1cmで、
大きさによって刻印するスタンプが異なります。
使いたいブランクと、刻印したい絵柄を事前に確認しておくと良いですね!

 

2.力加減に注意! 繊細な星座を作るポイント

それでは、刻印をしていきたいと思います!
ブランクは25mmのプレートを使用します。

刻印するときに用意するものはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、ブランクにガイドシールを貼り付けます。
サークルのブランクと、ガイドシールの大きさがほぼ同じなので、
ガイドシールに描かれた緑色の線と、ブランクの縁が合うように貼り付けます。

ブランクによって異なりますが、
上部にヒモやカンを通すための穴があるものは、
ガイドシールの「オレンジ色の小さい丸の部分」を穴に合わせれば、
位置だけでなく、方向も合わせることができますよ!

貼り付けができたら、ガイドシールに印字されている
指定のスタンプで刻印していきます。

ちなみに、「スモールドット(0.45mm)」と「ラージドット(0.75mm)」は
見た目だけだと分かりずらいので、間違えないように、
あらかじめスタンプに目印を付けておくのもおすすめです◎

マスキングテープや、シールを貼っておくと分かりやすいです!

はじめに「スモールドット(0.45mm)」から刻印したいと思います。

刻印するときは「力加減」に十分注意しましょう!

小さいドットでも強い力で刻印してしまうと、
大きいドットとの差が分からなくなってしまうことがあります。

特にアルケメなどの柔らかい素材に刻印する場合は、
力が強いとブランクの裏面までへこんでしまうこともあるので、
繊細な星座を表現したい方は、力を少し弱めにするのがおすすめです。

小さいドットの刻印が完成しました。
かなり細かいので完璧な位置合わせは難しいですが、
多少ズレていても問題ありません。

同じように大きいドットも刻印します。

最後に右下の絵柄を刻印します。

少し大きい絵柄を刻印するときは、一度真上から刻印した後、
スタンプを外さず、そのまま上下左右に傾けて
軽くハンマーで叩けば、絵柄全体をキレイに刻印することができますよ!

刻印ができたら、ガイドシールを外します。

ガイドシールを外してみると、多少のズレは目立たず、
バランスよくキレイに刻印することができました!

最後に好きな色のペイントマーカーで色をつけて完成です。


繊細な星座がキュンとするかわいいブランクに仕上がりました◎

 

3.使い方や組み合わせで作品の完成度があがる! 様々なアレンジ術

星座の形がシンプルなので、いろんなアイテムと組み合わせやすく、
少しアクセントを加えることで、よりおもしろい作品に仕上がりますよ!
作品に差をつけたい方におすすめのアイディアをいくつかご紹介します。

《1》クリスタルセッターキット

「スターブラスト(4mm)」の中心に
クリスタルセッターキット」を使って、ストーンを貼り付けました。
ストーンがまるで一等星のように輝いて、作品を一層引き立ててくれますね!

《2》星座スタンプ

星座パック」のデザインスタンプと組み合わせて、
ネックレスに仕上げました。
合わせて使えばより完成度の高い作品にしあがりますね!
大切な人へのギフトとしても喜ばれそうです◎

《3》ブレスレットにランダムに刻印する

ブレスレットにあえてガイドシールを使わざず、
ランダムにデザインスタンプを刻印しました。
「スターブラスト(4mm)」の中心には先ほどと同じように
クリスタルセッターキットを使ってストーンを貼りつけました。
腕につければ、「それどこで買ったの?」と注目度があがりそうです◎

いかがでしたか?

星座の絵柄はシンプルなので、他のアイテムと相性が良く、
組み合わせやすいのもおすすめポイントです。
文字のような「メッセージ」とは一味違う、
まるで「アート」な作品作りを楽しめますよ!

ぜひお試しください。

 

 

【商品紹介】刻印するだけで、バッチリ主役! Artisanシリーズ

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

インプレスアートが展開するスタンピングブランクには
「アルミ」や「真鍮」など様々な素材があり、
素材によって硬さや質感が異なります。

インプレスアート では、「Artisanスタンピングブランク」という
柔らかくて錆びにくい「スズ」を使用したシリーズを展開しています。
刻印がしやすく、職人が作ったかのようなハンドクラフト感のあるブランクは、
作品をワンランク上に仕上げてくれますよ!

今回は簡単に刻印ができて、完成度の高い作品に仕上がる
「Artisanシリーズ」をご紹介します!


 

1.Artisanシリーズとは?

2.力加減がキーポイント! スズへの刻印方法

3.主役にもアクセントにも使える! ブランク活用術

 


 

1.Artisanシリーズとは?

Artisanシリーズは、素材に「スズ」が使用されています。

スズは、インプレスアートで取り扱いのある金属素材の中で最も柔らかく、
少ない力でも簡単に刻印することができます。
また、錆びにくい性質なので、
美しい光沢を長期間保ち続けることができるという特長もあります。
(ブランクの素材については、こちらをご覧ください。)

ちなみに、「真鍮」や「アルミ」などのブランクは、
板になっているものをプレスして型抜きする製造方法ですが、
このシリーズのブランクは、金属を型に流し込んで鋳造しています。

他のブランクと比べてみました。

左がアルケメ、右がArtisanシリーズのブランクです。
Artisanシリーズのブランクは、表面の光沢をおさえたマットな質感です。

厚みは同じくらいですが、Artisanシリーズは角に丸みがあり、
ブランクの中央が少しぷっくりしていてるのも特徴です。

ブランクの形は、丸や四角のような使いやすい形はもちろん、
このシリーズのみ展開されている形もあります。

しずく型や、かわいいお花型など、様々な形があって面白いですね!

 

2.力加減がキーポイント! スズへの刻印方法

では、Artisanスタンピングブランクに文字を刻印したいと思います!
刻印する時に必要な基礎工具はこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)

使用するのは、かわいいハートのブランクです。

今回は文字をまっすぐ刻印したいので、「スタンプガイド」の
ストレートガイドを使用します。
ガイドを使えば文字をまっすぐ、均等に刻印することできますよ!

ブランクの上に、ガイドを直接貼り付けて使います。

必要であれば、刻印する時に文字や間隔が分かりやすいよう
ガイドに直接文字を書きこんでおいても良いですね!

準備ができたら刻印していきます。
スズは柔らかいので、力いっぱい打つ必要はありません!
力が強かったり、打つ回数が多すぎると、
文字周りの丸い軸の跡がついてしまうことがあるのでご注意を!

ちなみに、ガイドを使ってキレイに刻印するコツは、
「スタンプがひっかかったところ」を目安にすると良いです。
(この動画が分かりやすいので参考にしてみてください!)

ガイドを使って刻印するときのコツは、
以前にメタルスタンプの読みものでも紹介しているので、
よければご覧ください!
▶︎【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

文字の刻印ができたらガイドを外し、
お好みの「ペイントマーカー」で色をつけて完成です!

可愛いブランクに仕上がりました◎

3.主役にもアクセントにも使える! ブランク活用術

「Artisanシリーズ」は、簡単に刻印ができるだけでなく、
ハンドクラフトの風合いがあるブランクは、文字や絵柄を刻印するだけで
味のある作品に仕上がりますよ!

これから、スタンプ部がArtisanブランクを使って作った作品を
いくつかご紹介したいと思います!

《ブレスレット》

先ほど刻印したハートのブランクを大きめのチェーンに繋ぎ、
ビーズを組み合わせて、華やかな印象のブレスレットに仕上げました。
ブランクは「ダッピングキット」を使って立体感を持たせました。

ダッピングキットの使い方はとても簡単!
工具のくぼみ部分にブランクをいれ、その上から付属のポンチで押さえて、
上からハンマーで叩くだけ。
ポンチの部分はナイロンになっているので、
ブランクを傷つけにくい仕様になっています。

スズは柔らかいので、優しく数回叩くだけで簡単に立体感ができました!。
少し手を加えるだけで、ブランクがまた違った印象になりますよ!

《キーチャーム》

お花の形のブランクと、レザーでできたお花のパーツと
ウッドビーズを組み合わせて、かわいらしいキーチャームを作りました。
可愛らしいお花の形は、単体使いでも見応えのある作品になりますね!
イニシャルをいれて、大切なあの人へのプレゼントにいかがですか?

《スニーカにワンポイント》

楕円のブランクを使って靴紐にアクセントを加えました。
靴紐部分に通すだけで簡単にできるアレンジです。
お手持ちのスニーカーのアクセントにもなりますよ!

いかがでしたか?
素材の美しさが変わらず、刻印が簡単にできるArtisanシリーズは、
まるで職人が作ったかのような、ワンランク上の作品に仕上がりますよ!

ぜひお試しください。

 


 

 

【商品紹介】8枚入りでたっぷり使える! いろんな使い方を楽しめるラップリング

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

インプレスアートのスタンピングブランクの中で、
刻印しやすい素材として、柔らかくて軽い「アルミ」があります。

アルミで作られた「ラップリング」は、身につけても重さを感じにくく、
工具さえあれば簡単に作ることができるので、初心者の方にもオススメのブランクです!

今回は、刻印がしやすくて、形状加工も楽しめる「ラップリング」を紹介したいと思います。

 


 

1.ラップリングにぴったり! 少し長めのリングブランク

2.ガイドや工具を使えばよりキレイな仕上がりに! ラップリングの作り方

3.実はリングだけじゃない!? ラップリング活用術

 


1.ラップリングにぴったり! 少し長めのリングブランク

「ラップリング」は、長さが68.5mmと、76mmの2種類展開で、幅は共通の6.3mmです。

素材の展開はアルミニウムのみ。
柔らかい性質のアルミは、刻印がしやすいだけでなく、
形状も変えやすいのでとても扱いやすい素材です。
(ブランクの素材については、こちらをご覧ください。)

また、「軽い」という性質を活かして、身につけていても負担になりにくい
アクセサリー作りにもおすすめの素材です!

2.ガイドや工具を使えばよりキレイな仕上がりに! ラップリングの作り方

では、ブランクに文字を刻印してラップリングに仕立てたいと思います。
刻印するときに必要な基礎工具はこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)

そして、ブランクに文字を刻印するときは「スタンプガイド」の
「ストレートガイド」を使用するのがおすすめです。

ガイドを使用することで、文字をまっすぐかつ間隔を均等に刻印できます。
仕上がりが断然良くなるので、初心者の方だけでなく、
刻印をよりキレイにしたい! という方にもおすすめのアイテムです。

以前にメタルスタンプの読みものでもガイドについてご紹介していますので、
よろしければこちらもご覧ください。
【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

まず、スタンプ台の上にブランクを置き、刻印したい位置に合うように
ストレートガイドを上から貼り付けます。
まっすぐ刻印するために、ガイドがズレないよう注意しまししょう。

今回はラップリングの「重なった部分」にも文字を刻印したいので、
はじめはガイドをブランクの中心に貼らず、端側によせてに貼りました。

ガイドが貼り終わったら、刻印していきます。

素材が柔らかいので、強い力で打つ必要はありません。
なるべく真上から、力を均等に加えて打ち込むと良いですよ!

ガイドを使って刻印する時は、「スタンプがひっかかったところ」を目安に
文字が下揃えになることを意識しましょう。
(この動画が分かりやすいので参考にしてみてください。)

刻印が完成したものがこちら。

刻印が終わったらガイドを外し、
リング用ベンディングプライヤーキット」を使ってリングの形に仕上げます。
プライヤーの先端部分はナイロンになっているので、
ブランクを傷つけにくく、挟むだけで簡単に丸みをつけることができますよ!

ブランクの端の部分からプライヤーを使って
少しずつまるみを作りながらラップリングに仕立ていきます。

最後にバランスを整えて完成です!

オリジナルのラップリングが完成しました!

素材がアルミで柔らかく、手で微調整もできるので、
フリーサイズで使えるのもよいですね!

 

3.実はリングだけじゃない!? ラップリング活用術

ラップリングは、1パックでたっぷり8枚入っているので、
アレンジ次第でいろんな作品を作って楽しめますよ!

刻印してオリジナルリングを作るのはもちろん、
アルミの「柔らかい」性質を活かせば、リングの形だけでなく
「ねじる」といった形状加工もできるんです!
これから、いろんなアイデア集をいくつかご紹介したいと思います。

《隠しスタンプ》

ブランクの端の部分に文字を刻印し、さらに内側にデザインスタンプを刻印しました。
表側にイニシャルを刻印して、ギフトにするのも良いですね!
指輪を外したときにしかわからない、チラリと見える隠しスタンプはいかがですか?

《ねじねじネックレス》

アルミの柔らかさを活かしてブランクにねじりを加え、
チェーンを繋いでネックレスに仕上げました。
作り方は、ブランクの両端をプライヤーで挟んで、あとはねじるだけ!
最後に「2ホール穴あけパンチ」を使って穴を開けて、
丸カンとチェーンを繋げば完成です!

今回は2個のプライヤーを使って左両端を挟んでねじりましたが、
ペンチでも代用できます。
ペンチを使う場合は、ブランクが傷つかないように
当て布をしながらねじると良いですよ!

シーンを問わず使えるシンプルな形のネックレスは、
ひとつあれば重宝しそうですね◎
ビーズを加えたり、チェーンや紐を変えてみたり
アレンジして作ってみるのもおもしろいかも?

《おおぶりピアス》

ラップリングの形ではなく、まるく形を作ったブランクに
ビーズを組み合わせていやーアクセサリーに仕立てました。
ブランクには先ほどご紹介した「2ホール穴あけパンチ」で穴を開けて、
金具やテグスを使ってビーズを繋げました。

ちなみにブランクは、「マルチファンクションハンマー」で
テクスチャーでアクセントをつけました!

「リング」だけでなく、「パーツ」として使うのもおすすめです!

いかがでしたか?
刻印がしやすく、簡単に加工ができるラップリングは、
リングだけでなく、アイデア次第でいろんな使い方が楽しめますよ!
軽くて使いやすいので、普段の日常生活のなかに取り入れやすいのも良いですね。

ぜひ、いろんなアレンジを試してみてくださいね!

 


【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

刻印するときに、
「文字をまっすぐになるよう刻印したい!」「均等に文字を刻印したい!」
こんなお悩みありませんか?
目見当だけで文字の位置を揃えたり、自分の思い通りに刻印するのは難しいですよね。

今回は、ブランクに貼るだけで刻印する位置が分かりやすくなり、
文字や絵柄の間隔を均等にできる「スタンプガイド」をご紹介します!

 


 

1.スタンプガイドとは?

2.まっすぐ文字が打てる「ストレートガイド」

3.円を描くように文字を刻印できる「サークルガイド」

4.思い通りの模様ができる「パターングリッド」

 


 

1.スタンプガイドとは?

スタンプガイドは、文字や模様を刻印するときに役立つガイド用シールです。

ガイドの種類はまっすぐ文字を打つための「ストレートガイド」、
思い通りに模様が刻印できる「パターングリッド」、
そして円を描くように文字が刻印できる「サークルガイド」の3つです。

どのガイドもシールになっているので、ブランクに直接貼り付けて使うことができます。

スタンプガイドを使用することで、文字をまっすぐかつ間隔を均等に刻印できたり、
「マンダラパック」のような難しい模様も刻印しやすくなります。

ガイドを使用することで、仕上がりが断然良くなるので、
初心者の方だけでなく、経験者の方で、刻印をよりキレイにしたい!
という方にもおすすめできるアイテムです。

では、それぞれのガイドの特徴や使い方をご紹介したいと思います。

 

2.まっすぐ文字が打てる「ストレートガイド」

「ストレートガイド」は文字をまっすぐ刻印するためのガイドです。
定規のように目盛りが付いているので、均等な間隔で刻印ができます。

刻印するときは、「ハンマー」と「スチールブロック(スタンプ台)」をご用意下さい。

まず、スタンプ台の上にブランクを置き、
刻印したい位置に合うようにストレートガイドを上から貼り付けます。
まっすぐ刻印するために、ガイドがズレないよう注意しまししょう。

ブランクの真ん中に打ちたい場合は、ガイドを真ん中に貼らずに、
文字の大きさ分下げるのがポイントです。

ガイドの上にスタンプを合わせ、文字を刻印していきます。
(文字はHeart Breakerの小文字を使用しました。)

刻印しやすいように、シールに直接文字を書くのも良いですね。
動画もあるのでよければご覧ください。)


きれいに仕上げるポイントは、「文字の位置を揃えること」を意識して刻印すると良いです。

揃えるコツとしては、スタンプをブランクに軽く当てながら、
ガイドを貼っている方向にゆっくり動かすと、ガイドとブランクの境目部分で、ひっかかりを感じます。
その位置で刻印すれば、文字が下揃えになりやすく、仕上がりがきれいになります。
「スタンプがひっかかったところ」を目安にすると良いですね!
動画もあるので参考にしてみてください!)

ただし、「j」「p」「q」「y」のような、下揃えのベースラインからはみ出ている箇所があるアルファベットは、
スタンプがガイドにひっかかるところで刻印するとバランスが悪くなってしまします。

刻印する時はスタンプがひっかかるところではなく、少しガイドにかぶって刻印すると、
文字のバランスがとれてきれいに仕上がります。
(ガイドの上からでも、しっかりと刻印できるのでご安心を!)

完成したものがこちら。

まっすぐ均等に文字が刻印できました。
目盛りがあるので、簡単に文字の間隔が揃えられて良いですね!

ちなみに、ブレスレット用ブランクに刻印する時は、
ストレートガイドよりも長い「ブレスレットガイド」もおすすめです。

 

3.円を描くように文字を刻印できる「サークルガイド」

「サークルガイド」は、円を描くように文字を刻印できるガイドです。
サークルのサイズは直径約1.2cm〜約3.7cmまでの5種類があります。


使い方は、ストレートガイドとほとんど同じです。
はじめに、ガイドをブランクの中央に貼り付け、ガイドの外側部分に刻印をしていきます。
(文字はStargazerの小文字を使用しました。)



刻印するときは、ストレートガイドのところで記載したように、
「スタンプがひっかかったところ」で刻印すると良いですよ!

完成したものがこちら。

円を描くように、きれいに文字が刻印できました。

パターングリッドを貼った上にサークルガイドを貼ることで、
刻印する位置が分かりやすく、よりキレイな刻印に仕上がります。

 

4.思い通りの模様が作れる!「パターングリッド」

ストレートガイドや、サークルガイドとは異なり、
透明になっているので、ガイドを貼った上から刻印していきます。

パターングリッドを使って、ブランクに「マンダラパック4」で、
パッケージに描かれている模様を刻印したいと思います。


はじめに、パターングリッドの中心とブランクの中心が合うように貼り付けます。

ブランクとガイドの接地面には、空気が入らないよう気をつけましょう。
貼り終わったら、ガイドの上から直接刻印していきます。
中心から外側に向かって刻印すると、バランスがとりやすいですよ!

スタンプの正面には、インプレスアートのロゴが表記されています。
アルファベットや数字は、ロゴを自分のほうに向けることで
正しい向きで刻印ができますが、マンダラパックの模様は、
向きが正面ではないものもあるので、刻印するときは注意が必要です。
模様の向きを目で確認してから刻印すると良いですね!

線の上や間に刻印していきます。


刻印が終わったらガイドをはずします。
はずした時に、破片が刻印した模様の中に入っていることがありますが、
息を吹きかけたり、乾いた布で拭き取れば簡単に取れます。

模様が分かりやすいよう、刻印が完成したものに
ペイントマーカー」で色をつけました。

パターングリッドを使うことで、複雑な模様も思い通りの位置に刻印できました!

いかがでしたか?

スタンプガイドを使うだけで文字や模様がきれいに揃うので、
仕上がりにグッと差が出ます!

ちなみに、ガイドを使ってこんなものも作ってみました!

ブレスレット型バングルにサークルガイドを半分だけ貼り付け、
そのまわりにStargazerの小文字を丸く刻印しました。
「生地の絵柄のパターン」のように同じ模様を繰り返すことで、
リズミカルで動きのある模様に仕上がりますよ!

ドット柄のような、だけどよく見るとアルファベットでできたユニークな模様は、
「どこで買ったの?」と人の目を惹くこと間違いなしですね◎
他の柄も作ってみたくなりますね!

文章やオリジナルの模様などの目見当では難しい刻印でも、
スタンプガイドがあれば、簡単に自分の理想の刻印ができるのでとても便利です!

ぜひお試しください。

 


 

 

【商品紹介】アクセサリーやギフトにぴったり! 小さいブランク

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

インプレスアートには、様々な形のブランクが揃っています!
1〜2cmほどの小さなブランクは、アクセサリーにはもちろん、
イニシャルを入れてギフトタグにしたり、
複数個を組み合わせて使ったりと、様々な場面で活躍してくれるアイテムです。

今回は、いろんな使い方が楽しめる「小さいブランク」をご紹介したいと思います。

 


 

1.使いやすい! 小さいブランク

2.実際に刻印してみよう!

3.小さいブランク活用術

 


 

1.使いやすい! 小さいブランク

小さいブランクは、大きい部分でも約1cmと可愛らしいサイズのものが多いです。

1円玉と比べると、一回り小さいです。
タグには丸や四角、楕円、ハートなど様々な形があります。

単体で使うのはもちろん、いろんなブランクと組み合わせても良いですね!

 

2.実際に刻印してみよう!

刻印するときに必要な道具はこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、スタンプ台の上にブランクを置き、
スタンプを手でしっかりと固定し、上からハンマーで叩きます。
(ブランクはハート、文字はHeartbreakerの小文字を使用しました。)

ブランクが動いて作業しにくい場合は、ブランクの上にセロハンテープを貼り付けて、
その上からハンマーで叩いても良いです!

小さいブランクは、刻印できるところが狭いので
少しでも打つ位置がズレると、文字がブランクからはみ出たり、
入りきらないことがあるので注意が必要です。

上からだけでなく横からや、ブランクに写る
スタンプの文字や絵柄の位置を確認しながら打つのもおすすめです。

刻印したものがこちら。

刻印ができたら、ペイントマーカーで色をつけ3分ほど置き、
インクがはみ出た部分を、乾いた布で拭き取って完成です。


みちっとつまった文字が可愛いブランクに仕上がりました。

 

3.小さいブランク活用術

小さいブランクは、他のアイテムと組み合わせたり、
複数を組み合わせたりと、いろんな活用法が楽しめますよ!
これから、小さいブランクを使ったアイデアをご紹介します。

《ギフトラッピング》

先ほど刻印したハートのブランクを、ギフトラッピングで使用しました。
自分で作ったチャームをつけるだけで、ギフトがより特別なものに感じますね!

デザインスタンプをシンプルにひとつだけ刻印するのもおすすめです。
「素敵なティータイムを!」というメッセージを込めて、
こんなスタンプを添えてみるのもおもしろいですね。

そしてこんなアイデアも。

ビンにひもやリボンをくくりつけ、そこに刻印したブランクをつけました。
ドライフラワーを添えてギフトにしても可愛いですね。
チラリと見える小さいブランクが、気の利いたアクセントになりますよ!

《アクセサリー》

丸いタグのブランク」を4つ使用して、ピアスに仕上げました。
マルチファンクションハンマーキット」を使ってテクスチャーを加えた後、
で文字を刻印し、ペイントマーカーで色をつけました。
カン部分を下にすることで、ビーズや金具をつけるジョイントになりますよ!

楕円型のタグのブランク」を使って、「星座パック」で模様を刻印し、
ガラスビーズを組み合わせてネックレスに仕上げました。
小さいブランクは他のものと組み合わせやすく、
合わせやすいところも良いですね。

《ファスナーの持ち手》

先ほどご紹介したネックレスと同じ「楕円型のタグのブランク」を、
ファスナーの持ち手にも使ってみました。
もともとついていたファスナーのつまみ部分をペンチで切って、
二重カンをスライダー部分に繋いでブランクを取り付けるだけで、簡単にアレンジができます。

もともとお持ちのポーチなど、持ち手部分に少し手を加えるだけで、
雰囲気も変わるのでおすすめです◎

 

いかがでしたか?
小さいブランクは単体で使っても、組み合わせて使うのもおもしろいですね。
少しの工夫や、アイデア次第で様々なものに活かせますよ!
ぜひお試しください。

 

 


【商品紹介】人気のデザインスタンプTOP5!

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

インプレスアートでは文字だけではなく、
絵柄の入った「デザインスタンプ」も人気の商品です!

今回はいろんなデザインスタンプをご紹介いたします!

 


 

1.デザインスタンプとは?

2.デザインスタンプ人気TOP5

3.こんな絵柄も? ユニークな柄をご紹介!

 


 

1.デザインスタンプとは?

デザインスタンプは、絵柄を刻印するためのスタンプで、

絵柄は60種類以上あり、ハートやスターなどの使いやすい絵柄や、
個性的でユニークな絵柄など、種類豊富に取り揃えています。

大きさは、約6mmのものが多く、次に多いのは約3mmです。

 

2.デザインスタンプ人気TOP5をご紹介!

みなさんは、60種類以上あるデザインスタンプの中で、どんなものが人気だと思いますか?
今回は人気のスタンプを5つ、ランキング形式でご紹介します!
みなさんのお気に入りは、入っているでしょうか?

 

5位:スマイリーフェイス(大)

にっこり笑った顔がかわいいスマイリーのスタンプです。

こちらは、マルチファンクションハンマーキットのボールペインヘッドで
ブランクにテクスチャーをつけ、スマイリーフェイスを刻印しました。
作品を明るい印象に仕上げてくれそうです。

4位:アングルソリッドスター (3mm)

シンプルで使いやすい星の絵柄のスタンプです。

シンプルなので単品使いでも、たくさん刻印するのも良いですね。
クリスタルセッターキットを使って、キラキラと輝くストーンと組み合わせるのもおすすめです!

他にも、星のデザインスタンプは2種類あります。

写真左から「ノーティカルスター(6mm)」 「ファンスター(3mm)」

3位:ウィムシーハート (3mm)

控えめなハートがかわいいスタンプです。

文字のスタンプはサイズが3mmのものが多く、
こちらのスタンプも同じサイズなので、文章と組み合わせると馴染みが良く、
文章と絵柄のバランスがきれいにとれます。

この他にハートのデザインスタンプは6つあります。
ひとつの大きなハートが特徴的なデザインや、ハートと別のモチーフを組み合わせたスタンプなど種類も豊富です!

  

写真左から「ハート(6mm)」「レースハート(6mm)」「ハートバースト(6mm)」

写真左から「ハートウィズアロー(6mm)」や「インフィニィティハート(6mm)」「パドロックハート(6mm)」

用途や気分によって使い分けるのも◎

2位:バウプリント(大) (6mm)

愛くるしい肉球が描かれたスタンプです。

ペットタグに名前と一緒に刻印したり、
何個か並べて刻印して足跡のようにするのもカワイイですね!

肉球のスタンプはこれ以外に、肉球の中にハートが描かれた「バウプリント(ハート)(6mm)」があります。

手書きの風合いもカワイイです!

1位:ウィムシーフラワー(小)(3mm)

野の花のように小さくて、かわいいスタンプです。

小さくてさりげないモチーフは、いろんなテイストと合わせやすそうです。
たくさん刻印するのもおすすめです!

これ以外に、花の絵柄は2種類あります。

左から「ハイビスカス(6mm)」「ローズ(6mm)」
大きくてはっきりした柄は、主役としても使えそうです。

 

3.こんな絵柄も? ユニークな柄をご紹介!

デザインスタンプには「こんなものもあるんだ!」といったユニークな柄がだたくさんあります!
今回はランキングに入りませんでしたが、スタンプ部おすすめのスタンプを使って、
いろんなものを作ってみました!

⦅夏のモチーフ⦆

ヤシの木(6mm)」と、「ドルフィン(6mm)」を使って
海をイメージしたネックレスを作りました。
夏のモチーフは刻印するだけで明るく爽やかな印象になりますね!

ヤシの木を刻印したブランクの作り方は、
はじめにマルチファンクションハンマーのチェイシングヘッドを使って、テクスチャーを作ります。

テクスチャーを作れたら、デザインスタンプを刻印します。

サイズが大きいデザインスタンプは、叩く力が弱いと刻印が薄くなったり、
刻印にムラができてしまうので注意が必要です。
ズレないようにスタンプはしっかりと固定し、ハンマーで強めに、もしくは多めに叩くと良いです。

刻印したところにペイントマーカーで色をつけ、
4〜5分置いて、はみ出た箇所を乾いた布で拭き取ります。

その後ダッピングキットを使ってブランクに丸みを作ります。

ダッピングキットは、叩くところがナイロンになっているので
ブランクを傷つけず丸く加工することが可能ですが、
刻印した模様などが傷つかないよう、表を下側にして裏面を叩くと良いですよ!
完成したものと、無加工の平らなブランクを並べてみました。

左が加工したブランクです。立体感とテクスチャーができました。
表面を少し加工するだけで、イメージがグッと変わるので面白いですよ!

⦅スポーツのモチーフ⦆

バスケットボール(6mm)」「ラクロス(6mm)」を使って
チームやユニフォームをイメージしてキーホルダーにしました。
スポーツアイテムが描かれたスタンプは珍しいですね!

⦅カフェのモチーフ⦆

小さいブランクに「コーヒーカップ(6mm)」と「カップケーキ(6mm)」を刻印しました。
ちょっとしたコーヒーギフトや、手作りのお菓子やラッピングにも使えそうです。

⦅植物・昆虫のモチーフ⦆

ヴァイン(6mm)」(小さい葉っぱ)と「てんとう虫(6mm)」のスタンプを組み合わせたネックレスと、
四つ葉のクローバー(6mm)」を使ったブレスレットです。

ブランクは、マット仕上げ用研磨ブロックを使って表面の光を抑えました。

ブランクが優しい風合いになるので、こちらもお試し頂きたいアイテムです!

 

いかがでしたか?
今回ご紹介したものは、ほんの一部ですが、デザインスタンプは他にも種類がたくさんありますよ!
文字と一緒に使ったり、デザインスタンプを主役にするのも良いですね。
アイディア次第でいろいろ遊べそうです!

ぜひ、お試しください。


【商品紹介】自分用にも、ギフトにもおすすめ! 星座パック

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

模様が複数セットになったデザインスタンプパックは
単品で使っても、複数合わせて使っても楽しめるアイテムです。

今回はデザインパックの中から、
12星座のシンボルマークがセットになった「星座パック」をご紹介します!

 


 

1.星座パックとは?

2.実際に刻印してみよう!

3.星のようにキラリと光る! ストーンとの組み合わせ

4.星座パックを使ったアイデア集

 


 

1.星座パックとは?

星座パックには、12星座のシンボルマークが入っています。
スタンプの模様はこんな感じ。

みなさんは、どれが何座か分かりますか?

答えは、
1段目左から
山羊座、水瓶座、魚座、牡羊座、牡牛座、双子座
2段目左から
蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座

です!

12星座はイニシャルなどと近い使い方もできますね。
誕生日の贈り物をするときに、ちょっとしたチャームにしても気が利いていて良いですよ!

 

2.実際に刻印してみよう

今回は楕円のタグを使って、いろんな星座のマークを刻印したいと思います。

刻印するときに必要な工具などはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、スタンプ台の上にブランクをのせ、スタンプを打ちたい位置に合わせます。
スタンプがずれないようしっかりと固定しながら、ハンマーで叩きます。

小さいブランクは、刻印する位置が少しでもズレると、
端から模様がはみ出てしまうことがあります。
刻印する位置を上からだけではなく、横からも確認したり、
ブランクに映る模様で位置を確認するのも良いですよ!

刻印ができたものに、ペイントマーカーで色をつけます。
2〜3分ほど待って、乾いたら柔らかい布で拭き取って完成です。



刻印ができました!

 

3.星のようにキラリと光る! ストーンとの組み合わせ
先ほど刻印したパーツを少しアクセントを加えたいと思います。

以前にメタルスタンプの読みもので紹介した
クリスタルセッターキット」を使用したいと思います。
(詳しい使い方などはこちらをご覧ください)

こちらは、12色の誕生月カラーをイメージしたストーンとパンチがセットになっています。
大きさは1.8mm、2.5mm、4mmの3サイズありますが、今回は一番小さい1.8mmを使用します。

打つ時は、文字や模様を刻印するとき同じです。
打ちたい位置にパンチを固定し、パンチの上からハンマーで叩きます。

ここで注意するポイントは2つあります。

1.しっかりパンチを押さえる
打っている間にパンチがずれると、写真のようにくぼみの縁が二重になってしまいます。
ストーンを貼った後でも見えてしまうので、しっかり押さえて打ちましょう。

2ハンマーの力加減
先が細い1.8mm、2.5mmのパンチを使用する時は、
ハンマーで叩く力が強すぎると、ブランクの裏面にパンチの形が出てしまいます。

特に「スズ」や「アルミ」のような柔らかい素材は、少しの力でもくぼむので、力加減が必要です。
文字や模様を刻印する時より、気持ち弱めでくらいの感覚で打つと良いですよ!

できたくぼみに接着剤をつけて、ストーンを貼り付けます。

写真のようにつまようじや目打ちなど、先が細いものを使うと貼りやすいですよ!

接着剤が完璧に乾いたら完成です。

こちらを大振りチェーンに繋げてみました。

ガラスビーズを組み合わせて、きれいな雰囲気に仕上げました。
ブレスレットやネックレスはもちろん、バッグチャームとしても使えそうですね。
キラリと光るストーンが星座のマークを引き立ててくれますよ!

4.星座パックを使ったアイデア集

星座のマークはアクセサリーや、チャームに取り入れやすいので、
このスタンプを使った作品をご紹介します。

サイズの異なるブランクを組み合わせて、2連のネックレスに仕上げました。
小さいブランクに星座のマーク、大きいブランクには
星のデザインスタンプ「アングルソリッドスター」を使い、
刻印したところにストーン(2mm)を貼って仕上げました。

丸いタグのブランクに星座のマークを刻印し、
Tピンにビーズを通して組み合わせたものを、ピアスに仕上げました。
カクカクとした形が、星座の形にも見えませんか?

こちらはワッシャーのブランクに12種類の全ての星座の模様を
刻印し、タッセルをつけてチャームに仕上げました。
イヤーアクセサリーやネックレスのトップ、バッグチャームにも合いそうです!

今回は、12星座のモチーフを刻印する時に「スタンプガイド」を使用しました。
オレンジ色のガイドがちょうど12本あり、オレンジ色と黒色のガイドが交差する点が中心になるので、
刻印する位置が分かりやすくてとても便利でした。
位置がブレにくく安定しやすいので、仕上がりもきれいになりますよ!


いかがでしたか?
星座スタンプは、アクセサリーやチャーム使いにもぴったりです!
イニシャルの代わりに、星座マークを刻印するのも面白いかも?
ひとつでも存在感のあるスタンプは、アクセサリーやギフトなど、いろんな場面で活躍してくれそうです。

ぜひお試しください。