【商品紹介】アクセサリーやギフトにぴったり! 小さいブランク

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

インプレスアートには、様々な形のブランクが揃っています!
1〜2cmほどの小さなブランクは、アクセサリーにはもちろん、
イニシャルを入れてギフトタグにしたり、
複数個を組み合わせて使ったりと、様々な場面で活躍してくれるアイテムです。

今回は、いろんな使い方が楽しめる「小さいブランク」をご紹介したいと思います。

 


 

1.使いやすい! 小さいブランク

2.実際に刻印してみよう!

3.小さいブランク活用術

 


 

1.使いやすい! 小さいブランク

小さいブランクは、大きい部分でも約1cmと可愛らしいサイズのものが多いです。

1円玉と比べると、一回り小さいです。
タグには丸や四角、楕円、ハートなど様々な形があります。

単体で使うのはもちろん、いろんなブランクと組み合わせても良いですね!

 

2.実際に刻印してみよう!

刻印するときに必要な道具はこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、スタンプ台の上にブランクを置き、
スタンプを手でしっかりと固定し、上からハンマーで叩きます。
(ブランクはハート、文字はHeartbreakerの小文字を使用しました。)

ブランクが動いて作業しにくい場合は、ブランクの上にセロハンテープを貼り付けて、
その上からハンマーで叩いても良いです!

小さいブランクは、刻印できるところが狭いので
少しでも打つ位置がズレると、文字がブランクからはみ出たり、
入りきらないことがあるので注意が必要です。

上からだけでなく横からや、ブランクに写る
スタンプの文字や絵柄の位置を確認しながら打つのもおすすめです。

刻印したものがこちら。

刻印ができたら、ペイントマーカーで色をつけ3分ほど置き、
インクがはみ出た部分を、乾いた布で拭き取って完成です。


みちっとつまった文字が可愛いブランクに仕上がりました。

 

3.小さいブランク活用術

小さいブランクは、他のアイテムと組み合わせたり、
複数を組み合わせたりと、いろんな活用法が楽しめますよ!
これから、小さいブランクを使ったアイデアをご紹介します。

《ギフトラッピング》

先ほど刻印したハートのブランクを、ギフトラッピングで使用しました。
自分で作ったチャームをつけるだけで、ギフトがより特別なものに感じますね!

デザインスタンプをシンプルにひとつだけ刻印するのもおすすめです。
「素敵なティータイムを!」というメッセージを込めて、
こんなスタンプを添えてみるのもおもしろいですね。

そしてこんなアイデアも。

ビンにひもやリボンをくくりつけ、そこに刻印したブランクをつけました。
ドライフラワーを添えてギフトにしても可愛いですね。
チラリと見える小さいブランクが、気の利いたアクセントになりますよ!

《アクセサリー》

丸いタグのブランク」を4つ使用して、ピアスに仕上げました。
マルチファンクションハンマーキット」を使ってテクスチャーを加えた後、
で文字を刻印し、ペイントマーカーで色をつけました。
カン部分を下にすることで、ビーズや金具をつけるジョイントになりますよ!

楕円型のタグのブランク」を使って、「星座パック」で模様を刻印し、
ガラスビーズを組み合わせてネックレスに仕上げました。
小さいブランクは他のものと組み合わせやすく、
合わせやすいところも良いですね。

《ファスナーの持ち手》

先ほどご紹介したネックレスと同じ「楕円型のタグのブランク」を、
ファスナーの持ち手にも使ってみました。
もともとついていたファスナーのつまみ部分をペンチで切って、
二重カンをスライダー部分に繋いでブランクを取り付けるだけで、簡単にアレンジができます。

もともとお持ちのポーチなど、持ち手部分に少し手を加えるだけで、
雰囲気も変わるのでおすすめです◎

 

いかがでしたか?
小さいブランクは単体で使っても、組み合わせて使うのもおもしろいですね。
少しの工夫や、アイデア次第で様々なものに活かせますよ!
ぜひお試しください。