【商品紹介】刻印するだけで本格的な仕上がりに! 日常で楽しく使える「DIYキット・サインマーカー」

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

みなさんは、インプレスアートには
「DIYキット」というオリジナルキットがあるのはご存知でしたか?

DIYキットには、それぞれの用途にあった専用のブランクと、
必要な金具などの副資材が含まれた便利なキットです。

今回ご紹介する「サインマーカー」は、
食べ物などの柔らかいものに刺して、
メッセージカードや、名札のように使える生活雑貨です。

キットは全部で9種類ありますが、
今回はその中から、初心者の方にもオススメの
サインマーカー」をご紹介します!


1.初心者の方におすすめ! 刻印しやすい「サインマーカー」

2.1文字ずつ優しい力で! 実際に刻印してみよう!

3.記念日や特別な日を刻印するのも◎ いろんな活用術



1.初心者の方におすすめ! 刻印しやすい「サインマーカー」

はじめにもご紹介しましたが、「DIYキット」には
専用のブランクと、必要な副資材がセットになったキットです。
刻印に必要な工具さえ用意すれば、すぐに始めることができますよ!

もし工具をお持ちでないという方は、
スターターキット」という基礎的な工具やスタンプ、
練習用のブランクが入ったキットもあるので、こちらもおすすめです。

ブランクのサイズは約50×70mm、素材は「アルミニウム」です。
面が広く、柔らかい素材で刻印がしやすいこちらのブランクは、
初心者の方にもおすすめです。
3枚入りなので、1枚試し打ちに使ってもOK!

ブランクの縁に模様がはいっているので、
文字や模様を刻印するだけで、作品の完成度を高く見せてくれますよ!


2.1文字ずつ優しい力で! 実際に刻印してみよう!

ではさっそく刻印したいと思います!
刻印するときに必要な道具はこちら

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、スタンプ台の上にブランクを置きます。
刻印しているときに、ブレスレットが動かないよう
スタンプストレートテープ」で固定していきます。

動かないよう先端の尖った部分と、刻印する面の端の
2カ所をしっかりと固定しておくと良いですね◎

文字をまっすぐ刻印したい場合は、毎度おなじみ
ガイドシール」を使って刻印するのがおすすめです。
まっすぐ刻印できるだけでなく、文字の間隔を揃えることができるので、
完成度がグッとあがりますよ!
ガイドシールに直接刻印する文字を書き込んでおくのもおすすめです!


これで準備は完了です。
ガイドに合わせながら、1文字ずつ丁寧に刻印していきます。

1文字目が刻印できました。

素材がアルミなので、力強く打つ必要はありません。
なるべくスタンプの真上からハンマーで刻印して、
最後に上下に傾けて軽くトントンと打ち込むと、
文字が全体的にくっきり刻印できます。

スタンプガイドを使って刻印するコツは、
メタルスタンプの読みものでもご紹介しているので、
そちらをご覧ください!
▶︎【商品紹介】思い通りの位置に打てる! スタンプガイド

ガイドにそって少し間隔を開けて、次の文字を刻印します。


2文字目が刻印できました。
同じように文字を刻印していきます。

今回は3段に分けて文字を刻印したいので、
少しガイドの位置をずらして2段目を刻印します。
このとき、ガイドシールは1段目の刻印と平行になるようにずらしましょう。
(もとから刻印されている絵柄は左右対称なので、
同じ絵柄の部分を目安に、ガイドシールを貼り付けるとズレにくいです)

2段目が刻印できたので、3段目を刻印します。

文字の刻印はこれで完成です。
ガイドを使ったので、文字をまっすぐで、
等間隔に刻印することができました◎

刻印が終わったらガイドを外して、
ペイントマーカーで色をつけます。

3分ほど置いて、乾いた布ではみ出た部分を拭き取れば完成です!

かわいいサインマーカーができました◎

3.記念日や特別な日を刻印するのも◎ いろんな活用術

今回は、サインマーカーで作った作品の活用例を
いくつかご紹介したいと思います!

《1》ケーキにさして「メッセージプレート」に

先ほど刻印したマーカーをケーキにつけて、誕生日や記念日をお祝いするときに、
ろうそくのかわりにサインマーカーにするのもおもしろいですよ!
記念として大切に手元とっておけるのも◎

《2》プランターにさして「ネームプレート」に

自宅で育てている観葉植物の土に刺して、
ガーデンマーカーとして使用してみました!
シンプルなグリーンに、チラリと見える
サインマーカーがアクセントになりました◎
花を育て始めた日を刻印して、咲くまでの日程を観察するのも楽しいかも?

《3》本や手帳にさして「ブックマーク」に

すぐ開けたいページがあるときに、ブックマークとして使うのも◎
手帳カバーにしまっておけば、いつでもとりだせて便利です。

いかがでしたか?

今回はサインマーカーのみご紹介しましたが、
DYIキット」には他にもたくさん種類あるので、
是非チェックしてみてください!

【新商品】キレイな星座が刻印できる! 組み合わせも楽しめる「12星座スタンプキット」

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

以前にメタルスタンプの読みもので、
「星座のシンボルマーク」が刻印できる
デザインスタンプをご紹介しましたが、
新しく「星座の形」を刻印できるキットが入荷しました!

占いなどで身近な存在でもある星座ですが、
12個の星座それぞれに意味や歴史があり、
形もそれぞれ個性があって面白いですよね。

夜空を繊細な光で彩る星座ってなんだかロマンチックで、
魅力を感じてしまいます……

今回は、そんな魅力的な星座の形を簡単に刻印できる
12星座スタンプキット」をご紹介したいと思います!

 


 

1.理想の刻印が簡単にできる! ガイドつきのスタンプキット

2.力加減に注意! 繊細な星座を作るポイント

3.使い方や組み合わせで作品の完成度があがる! 様々なアレンジ術

 


 

1.理想の刻印が簡単にできる! ガイドつきのスタンプキット

「12星座スタンプキット」には、デザインスタンプと、
星座の模様が描かれたガイドシールが含まれています。

専用のガイドシールをブランクに貼って使用すれば、
模様をキレイに刻印することができますよ!

デザインスタンプは4種類あります。

左から
「スモールドット(0.45mm)」
「ラージドット(0.75mm)」
「グリマー(1.75mm)」
「スターブラスト(4mm)」

使いやすいサイズ違いのドットと、
小さい星のような絵柄のスタンプがセットになっています。

スタンプの種類が「シグネチャースタンプ」なので、
先端がやや鋭角になっているため、打つ場所を確認しやすいのも◎
(スタンプの種類についてはこちらをご覧ください)

星座のガイドシールには、
12種類のガイドシール(各星座につき2枚)と、
スタンプの説明と刻印見本が入っています。

事前に見本表で、刻印の仕上がりを確認することができます!

ガイドシールは大きさが3種類あります。

上から1.9cm、約2.5cm、約3.1cmで、
大きさによって刻印するスタンプが異なります。
使いたいブランクと、刻印したい絵柄を事前に確認しておくと良いですね!

 

2.力加減に注意! 繊細な星座を作るポイント

それでは、刻印をしていきたいと思います!
ブランクは25mmのプレートを使用します。

刻印するときに用意するものはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ペイントマーカー

はじめに、ブランクにガイドシールを貼り付けます。
サークルのブランクと、ガイドシールの大きさがほぼ同じなので、
ガイドシールに描かれた緑色の線と、ブランクの縁が合うように貼り付けます。

ブランクによって異なりますが、
上部にヒモやカンを通すための穴があるものは、
ガイドシールの「オレンジ色の小さい丸の部分」を穴に合わせれば、
位置だけでなく、方向も合わせることができますよ!

貼り付けができたら、ガイドシールに印字されている
指定のスタンプで刻印していきます。

ちなみに、「スモールドット(0.45mm)」と「ラージドット(0.75mm)」は
見た目だけだと分かりずらいので、間違えないように、
あらかじめスタンプに目印を付けておくのもおすすめです◎

マスキングテープや、シールを貼っておくと分かりやすいです!

はじめに「スモールドット(0.45mm)」から刻印したいと思います。

刻印するときは「力加減」に十分注意しましょう!

小さいドットでも強い力で刻印してしまうと、
大きいドットとの差が分からなくなってしまうことがあります。

特にアルケメなどの柔らかい素材に刻印する場合は、
力が強いとブランクの裏面までへこんでしまうこともあるので、
繊細な星座を表現したい方は、力を少し弱めにするのがおすすめです。

小さいドットの刻印が完成しました。
かなり細かいので完璧な位置合わせは難しいですが、
多少ズレていても問題ありません。

同じように大きいドットも刻印します。

最後に右下の絵柄を刻印します。

少し大きい絵柄を刻印するときは、一度真上から刻印した後、
スタンプを外さず、そのまま上下左右に傾けて
軽くハンマーで叩けば、絵柄全体をキレイに刻印することができますよ!

刻印ができたら、ガイドシールを外します。

ガイドシールを外してみると、多少のズレは目立たず、
バランスよくキレイに刻印することができました!

最後に好きな色のペイントマーカーで色をつけて完成です。


繊細な星座がキュンとするかわいいブランクに仕上がりました◎

 

3.使い方や組み合わせで作品の完成度があがる! 様々なアレンジ術

星座の形がシンプルなので、いろんなアイテムと組み合わせやすく、
少しアクセントを加えることで、よりおもしろい作品に仕上がりますよ!
作品に差をつけたい方におすすめのアイディアをいくつかご紹介します。

《1》クリスタルセッターキット

「スターブラスト(4mm)」の中心に
クリスタルセッターキット」を使って、ストーンを貼り付けました。
ストーンがまるで一等星のように輝いて、作品を一層引き立ててくれますね!

《2》星座スタンプ

星座パック」のデザインスタンプと組み合わせて、
ネックレスに仕上げました。
合わせて使えばより完成度の高い作品にしあがりますね!
大切な人へのギフトとしても喜ばれそうです◎

《3》ブレスレットにランダムに刻印する

ブレスレットにあえてガイドシールを使わざず、
ランダムにデザインスタンプを刻印しました。
「スターブラスト(4mm)」の中心には先ほどと同じように
クリスタルセッターキットを使ってストーンを貼りつけました。
腕につければ、「それどこで買ったの?」と注目度があがりそうです◎

いかがでしたか?

星座の絵柄はシンプルなので、他のアイテムと相性が良く、
組み合わせやすいのもおすすめポイントです。
文字のような「メッセージ」とは一味違う、
まるで「アート」な作品作りを楽しめますよ!

ぜひお試しください。