【商品紹介】ステンレスに打てる! シグネチャースタンプ


こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

今回は新商品!
刻印の美しさを追求し、ステンレスに刻印できる
シグネチャースタンプをご紹介したいと思います。


1.シグネチャースタンプとは?

2.マルチに使いやすい! 新しいフォント

3.身の回りのものにも刻印してみよう!

4.ギフトにもぴったり! 刻印で思いを刻んで

 

1.シグネチャースタンプとは?
今まで取り扱ってきたスタンプと大きく異なる点は2つ。

硬い素材にも刻印できる!
シグネチャースタンプは、従来のスタンプよりも硬い素材でできているので、
これまで刻印が難しかったステンレスにも、打てるようになりました。
刻印できるものが増えると、作品の幅も広がりそう!

②刻印がくっきりきれいに!
被膜がなく刻印部分がシャープになっているので、
くっきりキレイな文字が刻印が可能になりました。

 

2.マルチに使いやすい! 新しいフォント
フォントはHeartbreakerと、Stargazerの2種類。
それぞれ大文字、小文字、数字の3種類をご用意しております。

Heartbreaker(ハートブレイカー)

こちらは筆記体のフォント。

大文字の中にはこんな可愛い絵文字も含まれています!


Stargazer(スターゲイザー)

これまでありそうで無かったシンプルなフォント。
癖のないフォントは汎用性が高く、ひとつあれば重宝しそうです!
サイズは2㎜と小さいサイズのスタンプ。
刻印部分が鋭角になっており、位置合わせがしやすいので、
小さなブランクにもおすすめです。

Stargazerの大文字には天体のスタンプが入っています。

数字のスタンプもシンプルで使いやすそう!

 

3.身の回りのものにも刻印してみよう
インプレスアートは現在ステンレス素材のブランクは取り扱っていないので、
(素材についての詳細はこちらをご覧ください)
日常的によく使うステンレス製品に刻印してみようと思います!

今回試したのはこちらのスプーン。



刻印するために必要な道具はこちら

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)

まず、スプーンをスタンプ台の上に置き、
スタンプをしっかり押さえながらハンマーを使って刻印していきます。
写真のように、セロハンテープで固定すると刻印しやすいのでおススメです◎
そして柄の部分に刻印したものがこちら。

名入れができました!
自分で名入れができるって良いですよね◎
そしてスプーンの先の部分にも刻印してみました。

何か食べた後にこんな刻印がチラリと見えるのもかわいい!

ステンレスは硬い素材なので、すこし強めに打ったほうが
刻印がハッキリでてきれいに仕上がります。

今回使用したスプーンは柄の部分に少し丸みがあったので、
はじめは文字全体をしっかり刻印することが難しかったです。
まっすぐ打ち込んだ後、そのままスタンプを外さずに、
スタンプを上下左右に傾けて打ち込んでみるの良いかも?
(表現が伝わりにくいかと思うので、この動画の始め部分が分かりやすいかと…!)

 

4.ギフトにもぴったり! 刻印で思いを刻んで

カトラリーのように日常的に使われているものものに、
家族の名前を刻印したり、ベビースプーンに刻印したり……
刻印したカトラリーをギフトにするのも◎
ちょっとしたアクセントが日常を豊かにしてくれそうです。

 

【メディア掲載】「minneとものづくりと」に、ImpressArtの記事が掲載中です!

こんにちは! ImpressArtスタンプ部です。

今回は、「minneとものづくりと」に掲載されてる
インプレスアートの記事をご紹介させていただきます!

「minneとものづくりと」は、作家さんたちの“ものづくり”に込められた
ひたむきな想いを届ける、
minneさんのウェブメディアです。
作家さんへのインタビューや様々な特集は、どれも“ものづくり”に対する想いが溢れていて、
読むたびに「やっぱり、ものづくりっていいな〜!」と思うのです。

そんなminne編集部の方が、コンセプトに共感し、おすすめできると思ったものについて
PRのお手伝いをしてくださるという、minneの広告コンテンツ。

2020年4月15日に新しく公開された記事を含め、
これまでに掲載いただいたものをまとめてご紹介します!

 

 

1)自分の手で“名入れ”ができる、ギフトにも最適な刻印ツール(2019.8.7 公開)
https://mag.minne.com/2019/08/07/special_metalstamp/

【PR】名前や記念日を刻印したアクセサリーや、ブランド名をあしらった金属チャームなど、自分で「名入れ」をほどこすことができれば叶えられるものづくりがたくさんあります。ニューヨーク生まれのメタルスタンピングツールを、タッセル作家・tassel de sicaさんに使っていただき、10種類以上の作品づくりに挑戦してもらいました。(記事より引用)

こちらの記事では、チャーム用のブランクをピアスに仕立てたり、
ワッシャーをブックマークにしたりと、素敵なアイディアがご紹介されています。
タッセル作家さんならではの、ブレスレットとタッセルの組み合わせ、とても素敵です!

 

2)金属やレザーに“刻印”をほどこしてつくる、クリスマスギフト(2019.11.22 公開)
https://mag.minne.com/2019/11/22/special_metalstamp02/

【PR】想いと一緒に贈りたい、特別なギフト。クリスマスを前に、刻印できるアクセサリーや革小物のオーダーが増えています。自分で「名入れ」をほどこすことができる、ニューヨーク生まれのメタルスタンピングツールを使ったものづくりを、レザー作家・Amber Factoryさんに見せていただきました。(記事より引用)

こちらの記事では、オーダーメイドで革もの作品を制作されている
レザー作家さんが、インプレスアートで革への刻印に挑戦してくださっています。
革と金属のプレートとの相性も、とても良いですよね!

 

3)“名入れ”ツールで、作業机に「わたしらしさ」をプラス(2020.4.15 公開)
https://mag.minne.com/2020/04/15/special_metalstamp-2/

【PR】名前や記念日を金属に刻印することができるニューヨーク生まれのメタルスタンピングツールを使い、作業机を素敵にアレンジするのはいかがでしょうか。今回ご協力いただいたのは、以前にも同じツールでアクセサリーを制作してくれたタッセル作家・tassel de sicaさん。使い慣れたその様子と、洗練されたさすがのセンスに脱帽です。(記事より引用)

新たに公開されたこちらの記事では、1記事目にご登場いただいたタッセル作家さんが、
作業場でのインプレスアート活用アイディアをご紹介してくださっています。
「そんな使い方もできるのか!」と、スタンプ部も驚きの素敵なアイディア盛りだくさん。
作品づくり以外に、インテリアやDIY好きの方にも楽しい内容になっていると思います!

 

インプレスアートをすでに使ってくださっている方にも、これから始めてみようかなという方にも
おすすめできる記事ばかりですので、ぜひご覧くださいませ!

 

 

【商品紹介】パーツに繊細な輝きを。クリスタルセッターキット

 

こんにちは! インプレスアート スタンプ部です。

スタンプ部では、インプレスアートの商品情報や、
様々なことに挑戦して、皆様に情報を発信出来ればと思っています。
これからどうぞよろしくお願い致します!

今回は、ブランクにストーンでアクセントをつけられる、
クリスタルセッターキット」をご紹介したいと思います。


1.3サイズのパンチと誕生石カラーのストーン

2.打って貼るだけ! 簡単2ステップ

3.いろんなものを貼ってみよう!

4.作品に繊細な輝きを

 

1.3サイズのパンチと誕生石カラーのストーン

このキットには、ブランクにくぼみをつける「クリスタルセッター用パンチ」と、
「誕生石カラーのストーン」の2種類が入っています。
誕生石カラーってなんだか特別感がありますよね!
ストーンは各サイズ6個ずつ×12色分含まれています。
単色でも組み合わせても綺麗に仕上がりそうです◎

パンチのサイズは左から1.8mm、2.5mm、4mmの3サイズ。
パンチと同じサイズのストーンがセットになっているので、
新しくストーンを準備する必要が無いのも良いですね◎

 

2.打って貼るだけ! 簡単2ステップ
それでは、早速いろいろ作っていきたいと思います!
クリスタルセッターキットの他に、用意するものはこちら。

ハンマー
スチールブロック(スタンプ台)
ロックボンド(お持ちの金属対応のボンドがあればそちらでも)
〇つまようじ(目打ちでもOK!)

まず、スタンプ台の上に刻印したいブランクを置きます。
打ちたい位置にパンチを合わせ、上からハンマーでたたきます。

1.8mm、2.5mmの細いパンチは比較的に簡単にへこみますが、
40mmは一回り大きいので少し力を強めに入れて叩くか、
叩く回数を多くしてみても良いかもしれません。
(複数回叩く場合はスタンプをしっかり持ってズレないように注意!)

くぼみが出来ました。このくぼみにストーンを貼り付けていきます。
この時、つまようじや目打ちなどの先端が細いものを使えば、
接着剤を適量をつけることが出来るので、はみ出にくく、
綺麗に仕上がるのでおススメです。
接着剤が完全に乾いたら完成です!


ストーンが入るだけでパッと明るく華やかな印象になりました!

 

3.いろんなものを貼ってみよう!
せっかくなので、ストーンだけじゃなく他の貼付けパーツも試してみました。
今回は4mmのパンチを使って、同じサイズの貼付けタイプのパール
(こちらは付属品ではありません)を使用します。

使用するブランクはこちら。

こちらはハートのブランクに「マルチファンクションハンマーキット」のひとつ
「ボールペインヘッド」を使って表面に変化をつけたもの。
表面に変化をつけるだけでグッと印象が変わるのでこちらもおススメ!

作り方は先ほどと同様!
パンチでくぼみを作り、接着剤でパールを貼り付けます。
そして完成したものがこちら。

いかがですか?
パンチとパールのサイズが同じなので、くぼみにもしっかり入りました!
パールの上品さとストーンの輝きが相まって、上品なイメージに仕上がりました◎
アクセサリーのパーツとして使うのもおススメです。

サイズが合えば他のカボションを組み合わせて見るのも、
新しい発見がありそうな予感!

 

4.作品に繊細な輝きを

少しの工夫でブランクも華やかに仕上がりました。
キラリと光るストーンが、作品のアクセントになりますので、
是非お試し下さい。